2011年2月14日月曜日

小樽桂苑のラーメン



ゆうべの寝る前の夜食であるのである。

これ、先日、ドコモに「なにもしないのに音楽が始まる」と修理に行ったらおねーさんが「ポイントが溜まってますから、このカタログから何かもらえます」というので注文したラーメンであるのである。

あたしはインスタントのカップラーメンのファンで、けっこういろいろ食うのであるが、さすがにこれは麺がちがうのである。

これはまあ、いわゆる中華麺のように麺を鍋でだいたい4分間茹でなければならないので、つまり、店で生麺を茹でるのと同じであるので、かなり店で食うのに近い歯ごたえと味であるのである。

スープはカップ麺やインスタントラーメンの袋物でもかなりなレベルにできるわけであるが、麺はやっぱりインスタントのフライ麺では限界があるようである。

ううむ、具のネギがぜんぜん切れていないのである。

包丁を研がないといけないのである。

このラーメンは麺とスープだけであるので、シナチクとチャーシューと海苔と卵とネギは自前であるのである。

この手のラーメンが店別にいろいろ来たので、このシリーズが続くかもしれないのである。

昼ご飯ランキング  B級グルメランキング