2012年7月23日月曜日

昇仙峡でおざらを食う


山梨県甲府市の昇仙峡を上流の市営駐車場から仙娥滝まで歩いて、さらに下流の県営駐車場まで歩いて、その県営駐車場のバス停からバスに乗って市営駐車場まで戻ることにしたのである。

しかし、バスの時刻表を見ると1時間に1本ぐらいで、次のバスまで時間があるので、その県営駐車場にある山の駅さわらびてな土産物屋さんにある食堂で昼飯を食うことにしたのである。

店の前のソフトクリーム売り場で大きな犬が店番をしているのである。

おとなしくてかわいいのでしばらく見ていたのであるが、まあ、犬を見物していてもしょーがないので、店内に入るとおじさんが「食堂は地下ですよ、地下2階になりますからおりてください」つーので階段をどんどんおりると食堂があったのである。

昼飯といってもすでに2時過ぎで、まあ、いわゆるアイドリングタイムであるので、食堂内にはだーれもいないのである。

他の席を見回すと団体客がいたらしく、食事の後がまだ片付けられていなくて名物のほうとうの鍋がかかってたりしてるのである。

それで「ううむ、ここはひとつ甲府だけにほうとうかな」と思ったのであるが、メニューを見ると「おざる1000円」と書いてあるのである。

「はてさて、おざるってのはなんだろうか、ううむ、うかつなことに日本一の霊能グルメレポーターの象師匠たるものが初めてのネーミングではありませんか、ううう、文法までおかしくなってる、おねーさんおねーさん、このおざるというのはおさるのかごや的にはなんか関係あるんですか?」

とさらに文法がおかしいことを聞いたら、

「おざるじゃありませんよおざらですよ、だからおさるのかごやとは何も関係ありませんよ、ほうとうを冷やしてつけ麺にして食べるんですよ」

というわかりやすい回答であるので、おざるではなく、その「おざら」を注文したのである。

まあ、御存知の通り、ほうとう(餺飥)は、山梨県(甲斐国)を中心とした地域で作られる郷土料理であるが、2007年には農林水産省により各地に伝わるふるさとの味の中から決める「農山漁村の郷土料理百選」の中の一つに選ばれているのであるのである。

それで、この「おざら」はいわば冷やしほうとうてな料理で、ざるうどんに類似しているのであるのである。

ほうとうの麺を冷水でさらし、野菜や肉類などの具材が入っている少し濃いめのつゆにつけて食べるのである。

元々は甲斐市(旧敷島町)付近の郷土料理であったそうである。

1970年頃に甲府市内のほうとう専門店が夏の料理として売り出し、煮込み料理であるほうとうは真夏には売れ行きが落ちるため、その後多くのほうとう専門店で夏季ののメニューとして広まったのであるのである。

てなことで、氷でひやしたほうとうをあれこれ入った暖かい汁につけてズルズルと音を立てずにお上品に食ったのである。

まあ、美味しゅうございましたが、やっぱりほうとうは熱いほうがいいねどうも、うん。

でも夏は暑いからねー。

昼ご飯ランキング  B級グルメランキング