2012年10月5日金曜日

九条ねぎと牛肉の香味炒めとビンチョウマグロの秘醤ソース


まあ、なんだ、毎度おなじみ某バーミヤンってことで、昨日の夕食である。

なにしろ我が家の食堂のひとつで年がら年中ご来店であるので
もう、食うもんがねーですだ。

それで、おすすめフェアメニューである。

九条ねぎと牛肉の香味炒めがまだ食ってないと思ったので注文したのである。

思っただけであって、食ったかどうかも記憶にないぐらい入り浸りの
お得意様であるのであるが、とくにお得意様特別サービスはないところが
大手チェーン店の特徴であるのである。

それで、くやしいのでいつもドリンクバーを全部飲み干してやろうと思ってるのであるが
あたしのランゲルハンス島がもつかどうかつーよーな事態にもなりかねないので
まあ、コーヒー、コーラ、紅茶、ウーロン茶、野菜ジュース、アセロラてなところを
20杯ぐらい飲んでかんべんしてやるのである。

その他にご飯と定番の餃子も注文して、それだけではおかずが寂しいので
ビンチョウマグロの秘醤(ひじゃん)ソースてなよくわからんソースのお料理も
注文したのである。

そしたら、餃子とご飯が先に来たのである。

どうしろというのかわからんのであるが、まあ、しょーがないので餃子をおかずに
ご飯を食い始めたら、ビンチョウマグロのなんとかが来たのである。

それで、ご飯をほとんど食い終わったら、九条ねぎとなんとかがきたのである。

まあ、これが、メニューの写真とかなり違うじゃありませんかてな
ファミレスあるあるネタの盛り付け体裁であるが、某バーミヤンなので
もちろん文句は言わないのである。

税込628円のお料理に文句を言っては天下一の大霊能者象師匠の名がすたるのである。

この九条ねぎに火が全然通ってなくてかれーのであるが、もう少し火を通せよなんて文句も
もちろん言わないのである。

男はメシにぐだぐだと文句を言ってはいけないのである。

男は黙ってなんとかであるのである。

黙ってる割に文句百曼荼羅であるのである。

百曼荼羅でも大変美味しゅうございました。

結局うまいのね。

昼ご飯ランキング  B級グルメランキング