2012年12月17日月曜日

フルーツヨーグルト&サラダセットでモーニング


まあ、いつもの某ガストでモーニンセットFであるのである。

某ガストのモーニングセットはA~Iまであるのであるが、その中のFであるのである。

もちろん、どーでもいいことであるが、なにしろモーニングセットであるので、他にネタもないので、一応、書いておくのである。

昨日の選挙で民主が壊滅的大敗で自公大勝利てな記事を、モーニングのおまけの新聞で読みながら食ったわけであるが、しかし、まあ、なんだね、こうなるのはそうとうなトンチキでも予測がついていたことであるので、別段の感想もないし、あたしの暮らしにはたいして影響はないので、「ほほう、なるほど」てなことであるのである。

まあ、うちのセンセーは自民であるが、都議であるので、まあ、そこんとこはやっぱりそんなに影響はないのかもしれないのであるがそうでもないかもしれないのである。

今回のわかりやすい選挙と結果を見てみると、政策云々よりも党首のイメージによる影響が非常に大きいということがよーくわかるねしかし。

イメージ選挙はさらに加速して、まあ、いってみれば国政芸人の人気投票であるわけである。

まあ、某米国なんかでは当たり前であるが、メディアをうまく操作して好感度アップをはかることが、より得票数を伸ばすことになるわけであるので、これからは、メイキャップ、ヘアメイクはもとより、コーディネーターというのか、スタイリストを付けて、話し方スピーチのコーチも付けて、好感度を上げるようにスキルアップしないと、得票数は激減してしまうのである。

政策内容よりも、視聴者国民にいかに良いイメージを植え付ける容姿、話し方、声のトーン、駆け引きてなことを訓練しないといけないわけである。

まあ、某米国の大統領選では当たり前のことを今更ながら本気で作戦に取り入れないと壊滅的惨敗なんて書かれてしまうことになるわけである。

まあ、やっぱり党首に誰を担ぐかということが選挙を決定付けるのであるから、力関係よりもイメージのより良い人間を党首に据えることが選挙に勝つ必須条件になるわけである。

今回、小沢いっちゃんとからんだ嘉田さんが散々な目にあったのでもわかるとおり、その辺の感性がないと、これからの選挙は戦えないのであるが、そのイメージをつかむ感性が一番欠如しているのが当の政治家であるのかもしれないのである。

てなことを考えながら朝のお食事を終えて、今日も一日元気にお仕事しましょうということで、ドリンクバーをガブガブ飲みすぎて気持ち悪くなったのである。

ドリンクバーをどのくらい飲んだら気持ち悪くなるのかというイメージが欠如しているのが象師匠であるのである。

昼ご飯ランキング  B級グルメランキング