2013年1月31日木曜日

au bon pain((オー ボン パン)でAmericano and Ginseng tea(アメリカンと高麗人参茶)


タイのバンコク・チットロム(Chit Lom)駅近くのBigCの店内にあるau bon pain(オー ボン パン)であるのである。

オー・ボン・パン(英称・仏語:Au Bon Pain、はアメリカ合衆国マサチューセッツ州ボストンに本社を置くベーカリーカフェ形式のファストフードチェーン店であるのである。

タイ人に大変人気のコーヒーショップであるのである。

これ、タイにお住まいの知人の話によると、この店はのライバル店は某マックではなく、某スタバであるつーことであるそうである。

それで値段は某スタバよりさらにお高いとゆーことであるのである。

その某スタバより高い店が大人気とゆーことは、タイの皆さんはここでお茶をするのがひとつのステータスみたいになってるつーことかもしれないのであるが、客にリサーチしたわけではないのでてきとーなご意見であるのはいうまでもないことであるのである。


それで、メニューを見たらばGinseng tea(高麗人参茶)てなお飲み物があるのである。

「ううむ、コーヒーショップで高麗人参茶というのはさすがにあたしも意表を突かれた、これはひとつ飲んでみないことには旅の夜風があのねのねになるぞ」

つーことで注文して、コーヒーも飲みたかったのでAmericanoを注文したら、出てきたのは、でかいカップに入ったアメリンコーヒーであるのである。

それで、高麗人参茶とAmericanoを飲んで、後でレシートを見たらば、高麗人参茶はKiwiとなっているのである。

「ううむ、タイでは高麗人蔘はKiwiなんだろうか?まあ、いいや」

つーことで、値段はKiwiとゆー名の高麗人参茶が65バーツ(約195円)でAmericanoとゆー名のアメリカンコーヒが75バーツ(約225円)であるのである。

まあ、なにしろわけのわからないジャパニーズがタイングリッシュのタイ人に通じないジャパングリッシュで注文してるので、おねーさんが混乱してKiwiジュースと打ち込んでしまったのかもしれないのである。

だから、この高麗人参茶はKiwiジュースの値段かもしれないのである。

でも、もしかしたらば、なにしろものが高価な高麗人蔘であるので、もう少し高いかもしれないのであるが、今となってはわかるわけねーから、まあ、どーでもいいのである。

まあ、いずれにしても、屋台では30バーツでメシが食えるタイの物価を考えると高いっちゃ高いのである。

でも、タイの某マックでコーラ(32バーツ)は飲んだのであるが、某スタバでお茶してないので、その差は定かでないのである。

それで、その夜、ご就寝中にうなされてホテルのベッドから落ちたのである。

べつにホテルの部屋に悪霊がいるてなことではなく、あたしは普段から血行が良すぎるうえに、なにしろ気がわかるぐらいであるから何事にも反応が良すぎて、この手の精力剤系の飲み物食い物はさらに血行がぐーるぐるになって、たいていおつむがぐーるぐるになるのである。

象師匠といえどもタイにご旅行遊ばしてるわけであるので、極楽気分が頂点で、浮かれてそのへんのことをすっかり失念していたのである。

気がわかるということは鬱陶しいことのほうが多いつーことであるのである。

まあ、こんなとこかな。


昼ご飯ランキング  B級グルメランキング