2013年1月15日火曜日

香港国際空港でFlavored Milkを飲む


香港国際空港の搭乗ゲートに行く途中のPacific Coffee Companyてなお名前のコーヒーショップがあるので、コーヒーを飲もうと思ったのである。

まあ、とにかく旅行に来たらコーヒーであるのである。

Transfer転機乗り継ぎで大忙しでもコーヒーであるのである。

その土地地域のコーヒーの味を味わうわけである。

まあ、当たり前であるが、実際には大した違いもないのであるが、そこはそれ味てなものは雰囲気情緒思い込みにより臭覚味覚が大変動するので、それを楽しむわけである。

だから、そのために成田であらかじめ1万円を香港ドルHKD$に両替してきたのである。

日本円が1万円で740HKD$であるのである。

外貨両替計算書によるとEQUIVALENTが9900円で、その時のレートは13.50であるのである。

どーでもいいのである。

それで、店のカウンターの後ろのメニューを見たらばFlavored Milk 26HKD$てなもんがあるのである。

つーことは日本円で351円つーことであるのである。

香港の空港内は日本と物価が同じぐらいつーことであるのであるが、

「ううむ、Flavoredというのはどんなふれーばーどなんだろうか?」

つー疑問が当然湧いてきて矢も盾もたまらずカウンターのおじさんに、

「ふ、ふれーばーどみゆく、わん」

つってしまったのである。

ついでに、Apricot Dnish 16HKD$とLoaf Cake Lemon 16.0 HKD$てなもんも買ったのである。

トータルで58HKD$であるので、783円であるのである。

それで、なんのふれーばーどなんだろーかと飲んでみたらば、バニラの香料入りのみゆくであるのである。

なにしろ、みゆくであるのである。

なーんだ、とものすごく拍子抜けしたのであるが、まあ、食い物飲み物の売り場に行くと、だいたいが興奮しすぎるのでとんちんかんなものを買ってしまうことが多いのである。

まあ、とにもかくにも、乗り継ぎで大忙しの中、香港のふれーばーどみゆくを飲むことができたので、少し目的とは違ったのであるが、大変美味しゅうございました。


昼ご飯ランキング  B級グルメランキング