2014年2月3日月曜日

タイのデュシタニホテルフアヒンのレストランテラスでピザを食う


まあ、なんだ、なにしろデュシタニホテルフアヒンはリプライベートビーチもプールもあるリゾートホテルであるので、泳いだりして腹がへるわけである。

それで、なんか食いたいツーことで、レストランに行ったら、3時頃のへんな時間であるので、だーれもいないのである。

でも、ウエイトレスさんはおられるので、席をテラスにとって、お飲み物は?と聞かれたので、ココナツジュースと言ったらこれが出てきたのである。

タイでココナツジュースというとこれが出てくるのである。

まあ、日本の食習慣ではなじみがないのであるが、タイ人はこのココナツジュースを飲んだあとココナツの中のココナツの実というか、中身をスプーンで削って食うつー話を知人のタイ人に聞いたことがあるのである。

それで、あたしも一度試しにスプーンで削って食ってみたらば、これが、いわゆる杏仁豆腐の味で、なるほど美味いのである。

それからは、ココナツジュースを飲んだら中身をこれでもかとスプーンで削って食うことにしてるのであるが、あたしの他にそんなことをしてる人はいないので、もしかするとレストラン等の他人が居るところではあまりやらないのかもしれないのである。

まあ、日本で言えば、味噌汁のしじみの身を食うてなことであるのかもしれないのである。

もちろん、あたしはレストランでも、しじみの身もひとつ残さず食う主義であるのである。


それで、次に出てきたのが春巻きであるのである。

これはいわゆる春巻きで、中華であるのである。

3時のおやつに春巻きもないもんであるが、まあ、バシャバシャ泳いで運動して大汗をかいたので、しょっぱいものが食いたいと思ったのであるが、ソースは日本で食うときに自分で酢と醤油と辛子油で味付けしたほどしょっぱいつーことではないので、健康にはよろしいかもしれないのであるが、まあ、なんだね、外国だね。


そして、メインのピザである.

意外とでかいのであるが、まあ、頼んだものを残して帰るのは霊能グルメレポーターとしてのプライドが許さんので、もちろん完食したのである。

それで、実はこれを食い終えた頃、どやどやと右側の席に、あたし同様の東洋人で明らかに一般観光客ではない派手なお顔立ちで派手なお召し物の、あたし同様の俳優業らしき皆さんが5人連れでこられたのである。

誰が俳優業だ。

4人がけのテーブル席にお座りになられたのは女優さんが3人と男優さんが1人で、コーディネータらしき女性がいろいろ世話を焼いていて、注文を聞いてメニューから英語でウエイトレスにあれこれ、頼んでいるのである。

話を聞いていると、どうもかんこく映画の撮影でこのホテルをご使用であるらしいのである。

その後から、アイドル系の顔とスタイルの3人のおにーちゃんがわいわいとマナーもへったくれもなく来られたのであるが、3人は座らずにまたどこかへ行かれたのである。

それで、あたしが食い終わって、帰ろうと思って、レストランの中を通ろうと思ったらば、サングラスをかけたいかにも業界人というファッションのおにーさんが「だめだめ」と静止されたのである。

「いや、ホテルの従業員でもないあんたに指図される覚えはない」と、文句を言おうと思ったのであるが、文句を言えるほど英語は達者でないし、かんこく語はまったくできないので、ウエイトレスのおねーさんに「あそこが通れないと部屋に帰れない」てなことをあれこれ言ったらば、奥のガラスドアで仕切られたコーナーからえらい人らしいおねーさんが出てきたのである。

そのえら人らしいおねーさんがその業界人ファッションのおにーさんに小さな声で何かを言ったら、そのおにーさんが「そーりー」と誤って通してくれたのである。

天下の大霊能者の象師匠を通行止めにするとは、実にけしからん話しであるが、謝罪したのでここは大人の裁量でにっこりと微笑みとともに快許して、その奥のコーナーを通ったらば、そのえらい人らしいおねーさんと帽子を被ってサングラスの小柄なおじさんが飯を食いながら、お話してるのである。

つまり、このホテルの担当者とそのプロデューサーらしきおじさんが打ち合わせをしてたつーことであるのである。

ならば通行人のいないコーナーにすればいいものを、まあ、こんな時間に飯食いにくるやつはいなかろうと思ったのであろうと思うねどうも。

それで、部屋に帰ろうとエレベーターを降りたら、そのクルーの一団らしいおにーさんやおねーさんがエレベーター前のロビーに座り込んだりしていて、エレベーターの前ではホテルのスッタフの制服を着たおにーさんとそのクルーの一人がわかりやすい英語で大声で言い合っているのである。

それで、その話を聞いてると、ホテルスタッフは「この通路で撮影されては他のお客さんに迷惑ですのでやめてください」てなごもっともなことを言っていて、クルーの方はものすごい強気で「それならなんで先にそのことを言わないのか」てなことを延々言い合っているのである。

一昔前の日本の映画やテレビ関係者があちこちのホテル旅館とのタイアップで宣伝してやるてなことで傍若無人やりたい放題やっていたのが、かんこくのぎょーかいでは現在もそうなのかもしれないのであるが、まあ、日本でもこれかね今でも。

まあ、映画やテレビドラマになれば、このホテルに来るかんこくの観光客がどっと増えるかもしれないのであるが、他の客にはものすごくメーワクであるのである。

このクルーはものすごい大人数で、ホテルの広場にあれこれセットを組んで、あちこちの通路でも撮影の準備をしていて、大道具さんが大活躍で危なくて通れたもんではないので、やっぱりものすごくメーワクであるのであるが、まあ、かんこく映画でデュシタニホテルホアヒンが出てきたらば、このネタを思い出して、「ああ、この時、象師匠がお泊りであったのね」と感動していただきたいのであるが、なんでそんなことで感動しなけりゃいけないんだと言われればそのご意見に異論はないのである。

まあ、そんなこんなで、感動してもしなくても大変美味しゅうございましたのである。


昼ご飯ランキング  B級グルメランキング