2014年2月6日木曜日

タイのデュシタニホアヒンホテルのルームサービス


Sen yai pad si-ew talay 230Bてなお料理であるのである。

もちろん230Bはお値段であるのである。

ルームサービスであるのでレシートは出ないので、メニューに書いてあったのをメモしてきたのであるが、なんのことかさっぱり意味がわからんのであるのである。

料理名の下に英語の説明でタイの屋台料理のFlat Noodleと書いてあったのであるが、まあ、柔らかい平たい麺の焼きうどんてな感じである。

醤油の代わりにナンプラーで味付けしてあるので、そのへんが苦手な向きには無理かもしれないのであるが、あたしには、これ、むちゃくちゃに美味かったのである。

なにしろ、あたしは食い倒れが人生の目的のひとつであるので、寝る前にもお食事をしないと気が済まないのである。

この夜のお食事を入れると、人生80年として、お食事回数が人よりもおおむね2万9200回ぐらい多いわけである。

あたしの寿命は霊能者仲間占い師てなぱーの皆さんがこぞって90歳以上というので、それよりもさらに3650回ぐらい多いわけであるので、まあ、なんだ、実に至福この上ない限りであるのである、

ダイエット理論のひとつに炭水化物はおまやくさんであるつーよーなご意見があるのであるが、あたしにとってはお食事自体がおまやくさんで、もう、これ以上気持ちのよいものはないので、人生自体がおまやくさん漬けみたいなもんであるのである。

まあ、そのおかげであたしはその膨大なカロリーを消費するために年がら年中暇さえあれば運動また運動てな生活を余儀なくされるわけであるが、それでもなお食いまくるのがあたしの人生であるのである。

人生楽あれば苦ありとゆー格言名言をこれでもかと実践しているわけであるのであるが、まあ、どーでもいいのはいわずもがなであるのである。

それで、あたしみたいなお食事いぞんしょーのもんにはホテルつーものは実に便利にいたれりつくせりにできていて、夜中でも電話すればすぐにご飯をご用意していただけるのである。

それで、このときはあたし一人であったので、テーブルセッティングはお断りして、部屋の丸テーブルで食ったのである。

次の夜はパッタイであるのである。


パッタイつーのはタイ風焼きそばであるのである。

このときは知人もいっしょに部屋でお食べになったので、テーブルセッティングをしてもらったので、純白のテーブルクロスが、いかにもルームサービスとゆー感じで豪華なお食事風景になったのであるが、椅子がひとつしかないので、あたしはベッドの端に座ってお食事したのである。

知人の説明によると、皿の左上の端にあるのはバナナの子供で、それをかじりながら麺を食うつーことであるのであるが、これ自体はしぶくてちっとも美味いとは思えないのであるが、これをパッタイの油っこい感じといっしょにかじると「ああ、なるほど」と思える取り合わせであるのである。

なんだろね、さんまの大根おろしとか、うなぎのサンショとか、ううむ、良いたとえが思いつかんが、まあ、そーゆーことであるのである。

つーことで、バナナの子供も含めて大変おいしゅうございましたのである。

昼ご飯ランキング  B級グルメランキング