2014年9月27日土曜日

精進湖のことぶきで鹿カレーとブルーベリーヨーグルト


下部温泉に行く途中に富士五湖の精進湖畔で昼飯となったので、通りがかりのことぶきてなお店にご入店なさったら、通路をゆったりととった店内では、おじーさんがお二人で何やらご歓談の最中のほかはだーれもおられないのである。

団体予約があるらしく、店の半分にテーブルセッティングがされていて、セッティングを見るとどうも和食メニューであるらしいということがわかるのである。

それで、どんな和食メニューがあるのかねとメニューを見たらば、薬膳ほうとう、和定食、洋食てなお料理が写真入りでご紹介しており、さらにページをめくると鹿カレーというのがあったので、「おお、鹿だ鹿だ、鹿といえば奈良だ、奈良といえば奈良漬けだが、鹿カレーは奈良漬けとは違うぞ、なんで奈良漬けがないんだ、ああ、そうかここは奈良じゃなかったか、しまったあああああっ」つーことで鹿カレー1280円とブルーベリーヨーグルト530円をご注文したのである。

それで、カレーのセットにはサラダと香辛料のガラムマサラも付いてくるので、ガラムマサラをおもむろにパッパッと振りかけ、「鹿肉というからには、鹿の肉だろうから、どれどれ、どんな塩梅かな、うふふふふ」とさらに気持ちは悠久の彼方にいざなわれて、限りなくBrain Brokenでわしゃかなわんのであるわあははははははっははははははーっ。

びょーきかお前は。

そしたら、カレーだけにかれーのである。

申し訳ありません、わたくしすっかり方向性を見失ってOld Gagをかましてしまいました。

ご迷惑をおかけした読者の皆様には股間から陳謝して訂正いたします。

カレーだけにかれー⇒カレーだけにカレイムニエル

ううむ、どうもいかんな。

まあ、人によってはふつーの辛さであるのかもしれんが、あたしはそんなに辛いもんが得意ではないので、かれーのである。

タイにご滞在中のときなんかはお料理全部が日本で言う激辛であるので、辛さに麻痺して、どんなに辛くても「ああ、美味い」であるのであるが、しばらく日本にご滞在なさると、これが、すっかり辛いものが苦手になるのである。

しかし、そこは用意周到な象師匠であるので、辛いものには伝家の宝刀ヨーグルトを予めご注文なさっておられるわけである。

ヨーグルトがあればどんなに辛いカレーもどんと来いであるのである。

つーことで、鹿肉はアレルギー対策食としても有効性が認められており、オレイン酸やリノール酸、EPA・DHAといった魚に多く含まれる多価不飽脂肪酸を豊富に含んでいるてなことがメニューに書いてあるので、「ううむ、これはさすがに健康マニアの象師匠にはぴったりの食いもんであるなあ」と感動の極みで例によって涙さえ出てきよるとですよあーた。

てなことで、辛さにひーひー言いながら食い終わったら、団体予約のおじせんおばさんが添乗員のご案内でどやどやとご入店なされて来たので、入れ替わりとなったのである。

カレーだけにかれーでもひーひーでも大変美味しゅうございましたのである。


昼ご飯ランキング  B級グルメランキング