2015年1月26日月曜日

昼メシにサーロインステーキ240gを食う


某ろいやるなんとかてなファミレスであんがすさーろいんすてーき240g税込み2,354円てなステーキを昼メシに食ったのである。

昼メシを食いに寄って、さてさてナニを食おうかと楽しみにメニューを見たらば、メニューの写真が実に美味そうに撮れてたので思わず注文したのであるが、ファミレスで美味いステーキを期待するのはあれがこれしてあれこれである。

これは、期待をしたあたしの勘違いであるということを言ってるのであって、別に不味いなんてことを言ってるのではないのである。

冷静に考えればわかることであるが、ファミレスの240gで税込み2,354円のステーキが高級和牛のような味であるわけないのは当たり前である。

それでいったいどんな味を期待するのか自分ながら不思議な気もするが、その某べーこく方面産アンガス牛てな外国産牛肉の味をソースでなんとかしようという気もないらしく、それなりでそれなりの味であるのである。

しかし、アンガス牛は柔らかさが売り物であるので、焼き方焼き具合いをもう少しなんとかすればどーにかならないもんでもないと思うが、いったいどーゆー焼き方をしたらこんなことになるんだろうかというあーらびっくりねの焼き上がりである。

まあ、焼き方がどうのこうのなんてことを望むなら、ファミレスでステーキを食ってはいけないのはゆーまでもないことであるので、あたしの一方的で一時的な気の迷いであるのである。

しかし、暴飲暴食をもって人生の旨とするあたしの場合は食いたいもんを食うという欲望のままの食生活を忠実に実行することが神の思し召し御心に従うことであるのである。

まあ、簡単にいえば腹へってたので思いっきり肉を食いたかったてなことであるのである。

320gてなバージョンもあったのであるが、さすがにそれはあたしの神様も血管血流その他への芳しからざる影響をご心配なさったのかどーなのか、240gで折り合いをつけたわけである。

まあ、昨今、世界中に肥満をはびこらせた某はんばーがーやさん巨大企業が、日本での異物混入に限らず世界中でいーろいろ問題が噴出してきて、経営がおっとっとてな具合に傾いてきてるわけであるが、これ、肥満の原因ははんばーがーの肉にあるのではなく、いっしょに飲食なされる炭酸飲料とポテトを揚げたやつにあるのである。

しかし、どーしてもお肉は太るてなイメージがあるので、肉が悪者になるわけであるが、肉よりも砂糖果糖ブドウ糖てな糖分の大量摂取がより肥満を加速させるのである。

てなことでステーキを食う言い訳とするわけであるが、まあ、食いたいときは体がタンパク質や鉄分などの栄養素を欲しがってるときであるから、やっぱり基本的には食いたいもんを食うでよろしいわけである。

ううむ、しかし、こんなファミレスのお料理でネタを作るのは無理であるのは重々承知でやり始めてしまったのであるが、ステーキについてきたポテトで炭水化物摂取は充分だろうと思ったら、食ってみたらばぜんぜん足りないので、ステーキを食い終わってから、呼び出しのピンポンがないのでおねーさんを呼んで、追加であんがすさーろいんすてーき丼税込み1814円をご注文あそばしたのである。


あくまでも肉を食いたいのは、体が「肉ほしい肉ほしい」と言ってるからであって、あたしのせいではないのである。

どこが気功師の食事なのかわからんなんてご意見にはぐうの音も出ないのであるが、あたしは昨今25年間歯医者以外には病院に行ったことがないぐらい絶好調であるので、この食事があたしにとっては正食であるわけである。

それなりのそーすでも丼もんでもそれなりに大変美味しゅうございましたのである。

まあ、ネタにしたら褒めるのが礼儀である。

昼ご飯ランキング  B級グルメランキング