2015年3月7日土曜日

バンコク・プロンポン駅のエンポリアムデパートのフジレストランでたこ焼きを食う


バンコクBTSのプロンポン(Phrom phong)駅に直結でエンポリアムデパート(Emporium Department Store)があるのである。

このエンポリアムにホテルと併設してサービスアパートがあるので、それをご見学に来たついでの霊能グルメレポートであるが、まあ、とにかく、そーゆーことである。

それで、まあ、デパートであるので、いろいろと高級ブランド店が軒を並べるてな体裁で、店内はサイアム駅のパラゴンと似たような趣きである。

あたしはアパレル流通業界に身を置いていたことがあり、その仕組みをいやというほどご存知であるためなのかどーなのか定かでないがブランド品にはまったくなんの興味もないのであるが、まあ、プロンポン駅周辺は高層マンションが立ち並ぶ高級住宅街であるので、そのへんの皆さんには大変興味も面白味もある店であるわけである。

あたしにとっては、某ビッグシーの洗うと色落ち型崩れで二度と着られない衣料品やなんだかわからん靴やバッグの方が大変魅力的であるのである。

まあ、服飾ブランド品談義はともかく、その高級デパートエンポリウムの5階にフジレストランてな大手日本食チェーン店が入っているのである。

日本食レストランであるから日本人がたーくさんいるのかと思うと、日本人はだーれもおられなくて、タイ人のおじさんが数人で商談をなされていたり、キャリアガールと思われる出で立ちのおねーさんがお食事をなされているのである。

考えてみれば、わざわざタイに来てまで日本食を食うのもなんであるが、あえて、その日本食の中でもこてこてのアイテムであるたこ焼きを食ってみるわけである。

写真の下の方にある、どうみてもファミレスのエスカルゴの器に入っているのがたこ焼きである。

味はなにやら味噌風であるが味噌味ではない不思議なタレが器の底に入っていて、鰹節の上にいわゆるたこ焼きソースらしきものがほんの少しかかっていて紅ショウガもついているが、マヨネーズはかかっていないのである。

器の底の不思議なタレが基本の味になるので、つまりはタイ人に合うような味にしているのかもしれないのであるが、まあ、なんとも言いようがない味で、それなりに大変おいしゅうございましたのである。


昼ご飯ランキング  B級グルメランキング