2015年5月1日金曜日

甲州からの帰りの夕食にミスジステーキとポークカレーを食う


甲州の大善寺てなお寺さんにロケに行った帰りに、またぞろ中央自動車道と首都高では色気もへったくれもなかろうつーことで、甲州街道をへろへろと走って、途中になんかよろしいメシを食わせるところはないかと物色してたのであるが、ないときはないもんで、全然見つからなくて、仕事の途中で年がら年中昼メシ食ってる某がすとで夕食になっちまったのである。

まあ、ないときはないでなんでもいいのが象師匠のこだわらない人生であるので、メニューをみたらミスジステーキてなお料理が目についたので、それをおかずにポークカレーを食うことにしたのである。

ステーキをおかずにポークカレーでは、血管や内臓には乱暴狼藉みたいな取り合わせであるが、タンパク質満点と思えばそれはそれで正解であるのである。

ここがね、あたしの人生を如実に語るお楽しみであるが、その場の最大の楽しみをなんとかかんとか楽しむためになんとかかんとかするわけである。

何ごとも、それなりにお楽しみに慣ればこの世は天国極楽であるのである。

ものごとを悲観して考えればその場が地獄となるが、その場の最大の楽しみを企画すれば、その場が天国となるのである。

たとえ、不治の病に罹患して、人生のどん底に落ちた場合でも、その場の楽しみを考えれば楽しみの場となり、お病気を考えれば奈落の底となるのである。

考えても考えなくても同じなら考えなければいいのである。

その場を楽しもうと考えたときに波動が変わり、細胞がよろしい方向に行こうとするのである。

細胞がよろしい方向に行こうとすれば、不治の病も不治の病でなくなる可能性ができるのである。

いいね、それでこそ雑木功いや象気功であるのであるが、そんなことでも書かんとファミレスでネタにを作るのは至難の業であるのである。

ううう、書き始めてしまったが、さすがにこんなの読みたい奴がいるのかどーか心配になってきたのであるつーことで大変美味しゅうございましたのである。

うふん、象師匠ったら。

なんだそりゃ。

昼ご飯ランキング  B級グルメランキング