2018年3月9日金曜日

某タリーズこーしーでミルキーフラットホワイトを飲む


まあ、あのね、うーんと、やっぱりあれかな、いや、ちがうか。

某タリーズこーしーでミルキーフラットホワイトてなわけのわからんコーヒー飲料をお飲みになってるのである。

まあ、あたしは基本的にドリップコーヒーのほろ苦い程度の味が好みである。

しかし、某スタバの黒船来襲以来どこもかしこもエスプレッソで、エスプレッソは強い苦みが売りであるが、それに砂糖をごってり入れて飲むと、それはそれでまたよろしいわけである。

それで、一応カウンターで砂糖をもらってきたのであるが、このごってり感のあるやつに砂糖を入れるのもなんであるので、そのままお飲みになってるのである。

なんでもいいのかい。

ううむ、つまらん、なんかネタはないもんかね。

ああ、そうだ、象気功の本編でも触れたのであるが、最近、体育館や市民センターてな公共施設で気功教室をやってると、隣の部屋でお香を焚いて輪になって祈ったり踊ったりしてる集団がいるのである。

なんの集団であろうが何を祈ろうが何を踊ろうが勝手であるが、くっさいのである。

まあ、あたしにとって「くっさい」のであって、その集団にとってはえも言われぬ魅惑の芳香であろうから大きなお世話であると思うが、あたしには「くっさい」のである。

それで管理の人に「あれ、くっさいよ」と苦情を言うのであるが、管理の人が注意をしようとして部屋に入ろうとすると「気が汚れるから入らないでください」と拒絶されるということである。

「気が汚れる」てなことを言い出す時点で、もうそうとうに怪しいのであるが、その主催者の男が上から下まで真っ白の装束で部屋から出てくるのを見て、「ああ、アレの残党かそのたぐいのアレね」と納得して、これ以上刺激してめんどくさいことにならないうちに「触らんとこ」ということにしたのである。

まあ、アレの残党あるいは類似団体云々の真偽はともかく、その踊りの集団の信者は若い女性が大半である。

それに比べて、あたしの気功教室はなにしろ気功であるので、生徒は棺桶に片足も両足も突っ込んだばばあとじじいが大半である。

くやしいが、どうみてもあちらの勝ちである。

どういう勝ちなのかは定かではないか、「ううむ、あたしもあんなふうにアホで若いスピリチュアルおねーちゃんをだまくらかして金をふんだくって、さらにあれこれしたいもんであるなあ」と思う今日このごろである。

うらやましがってどーすんだよ。

ううう、笑いのハードルがどんだけ低いんだか。

えーと、他になんかネタはあるかな?

ないな。

終わりかい。


昼ご飯ランキング  B級グルメランキング