2019年2月11日月曜日

手打ぞば車家でそばがきとさらしなの生一本と出羽の田舎切りを食う


まあ、仕事の都合で毎日お外で昼めしを食うというのも人生のあれこれのお楽しみである。

それで、本日のお楽しみは某野猿街道の通りがかりの車家てな手打そばの店でそばをお召し上がりになるというけっこうなあれこれである。

あたしらそば通は手打そばといえば、まずはそばがき1000円(税込1080円)である。

誰がそば通だ。

なにをいってるのか自分でもよくわからんが、まあ、とにかく、このそば粉の甘みと醤油の辛味の具合いがまたなんともそこはかとなく、ああ幸せとおもわず頬もゆるむそれこれである。

語彙が貧困で発想が貧困で表現力が極めて稚拙である。

大きなお世話である。


それで、そばがきを軽やかにご完食なされて次のメニューは、限定と言い張るさらしなの生一本(110g・少な目)1200円(税込1296円)である。

なにしろ生一本であるので、そばの実から少量しかとれないさらしな粉のみを使用して、その味わいはこれまた車家の師匠片倉友蕎子氏いわく、これほど軽いさわやかなあれこれで、そば打ち技術も難ちゅうの難というそれこれであるつーことである。

メニューに少な目と言い張ってるがそばがきの後であるので少な目でよろしかろうとのご注文であるが、大食いをなりわいとするあたしはさらに腹がへって、さらにご注文である。


追加注文の出羽の田舎切り(150g)1200円(税込1296円)である。

なにしろあたしら田舎もんにはジャストフィットの田舎切りであるので、これなら腹いっぱいになるだろうと張り切ってお召し上がりになったら、さらに腹がへったのであるが、これ以上は経済的に腹がへるので、やむなく箸をおいた次第である。


まあ、このように味と技術と雰囲気で食わせる通好みのお品揃えとお値段であるので、昼時とはいえ、あたしらのようなお仕事途中のカロリー爆食目的の品性のないおっさんらはおられず、お上品なおもむきを漂わせたご高齢の方々がちらほらである。

ううむ、まあ、失言が出ないうちに、こんなとこでひとつ。


昼ご飯ランキング  B級グルメランキング<

2019年2月4日月曜日

高尾山表参道の琵琶家本館で大えび天とろざるを食う


まあ、仕事で高尾周辺をときおり通りがかるので、昼飯はときおり京王線協賛町おこしの表参道の蕎麦屋の並びでお召し上がりになるのである。

毎度であるので、並んだ蕎麦屋はほとんど行きつくして、この琵琶家さんが残ってたので、さっそうとご入店遊ばして、大えび天とろざる1300円税別をご所望である。


おとらんぷさんがうちだけ損だから抜けると言えば、おれだって抜けてやるとおぷーちんさんも抜けて、しかし、子供のけんかである。


どう考えても、大国の代表者のすることとは思えないが、どっちにしても国の代表者あるいは指導者てなものは必ずしも正常な者がなるわけではなく、「地球温暖化は必要だ」なんてツイートをするような、逆にろくてもないものがおなりになる場合が多々あるのである。

だから世界中でせんそーが絶えないわけである。

せんそーは誰が考えてもよろしくないわけであるが、それをあれこれこじつけて正当化するわけであるから、正常であるわけがないのである。


これでおしゅーさんともども、三者でぐんかくに励めば、くだらん小競り合いでいきなり端緒が開かれて大せんそーになる可能性はさらに増量されたわけである。


蕎麦の麵の増量無料はいいが、かくせんりょくの増量無料は現在のへーきの威力では、始まればいっきに地球滅亡である。


おしゅーさんも入れて三者で新しい協定を結ぶてな思惑もあるというが、「地球温暖化は必要だ」なんて言うばかの思惑では事の真偽は闇の中である。

いずれにしてもこんなばかでも世界の頂点に立てるわけであるから、運気の不思議にめくるめく思いの昨今である。

その運気をいかにして自らに招請するかは、象気功で詳しく解説しているが、もちろん、ご両親ご先祖から受け継いだDNAの範囲内のご利益であるので、やらないよりはマシの範囲内であるのはいうまでもないことである。


とにもかくにも、せんそーてなものは、あたしら底辺の衆生の思惑や予測にまったく関係なく、いきなり始まるのである。


のほほんと現在の生活にご満悦でも、一寸先は闇であるということを常に脳裏に刻んで、審判でえらい目にあわないように、よくぼーのままに生きる自堕落な日々の行いを悔い改めなければならないのである。

やなこった。


昼ご飯ランキング  B級グルメランキング<