2019年5月29日水曜日

イオンモール多摩平の森の呉さんのビビンバで参鶏湯(サムゲタン)を食う


このところイオンモール多摩平の森にあるフードコートのマニア状態であるが、いずれにしてもおおむね食いたいものを食いつくすまでは、昼になると仕事場からお車に乗って通うわけである。

べつにイオンから宣伝費をもらってるわけではないので、どーでもいいのであるが、昼めしとはいえ、日々の昼めしはそれぞれが一生に一度の昼めしであるので、一期一会の気合をもって召し上がらねばならないのである。

てきとーにキーボード打ったらあかんがな。

誰がてきとーだ。

ああ、あたしだ。


その一期一会の気合で今回選んだのが、「呉さんのビビンバ」てなみょーな店名の店で「参鶏湯(サムゲタン)」である。

ビビンバが売り物の店であえて参鶏湯である。

メニュー見てたらこれが食いたくなったんだからしょーがないじゃんつーことである。

ところが、その鉄鍋がグツグツ煮えたぎっていて、カウンターからテーブルまで持ってくるのが大変である。

もし、けっつまずいて通りがかりの人にぶっかけたら、怒られるだけでは済まないので、しんちょーにテーブルまで運んで見てみたら、野菜もトッピングも何にもねーし、スープと鶏肉だけである。

ライスが小さいし。

参鶏湯は韓国料理の一つで、鶏肉と高麗人参、鹿茸、ファンギ(キバナオウギ)などの漢方ともち米、くるみ、松の実、ニンニクなどを入れて煮込んだ料理であるとあてにならないうぃきでも解説してる通り、以前に某立川駅の近くの韓国料理の店で食ったときは、たしか鶏肉の中にもち米だのなんだのを包んでいたと記憶してるが、包んでるどころか鶏肉オンリーで、さらにもち米でなくただのライスの小さいのがついてくるのである。

でも、スープを飲んでみると絶妙なお味で、「これはいける!」ともち米ではないただのライスをぶち込んで食ったら、あーらびっくりねと、予想に反して大変美味である。

ものごとはどこでどうなるかわかったもんじゃないわけである。

でも、ライスの量がすくねーのである。

あたしみたいな大食いをなりわいとする者にこの量では餓死しろというのと同義である。


てなこことで、参鶏湯を食ったら、薬膳の効果なのかさらに腹へったので、最近凝ってる南インド料理のアナス ドーサ ビリヤニのカウンターに行って、「Today's Special」を頼んだら、今日のカレーはチキンカレーである。

これが辛くてさらに胃を刺激されて、さらに腹へったのである。


それで、さらになんかないかなーと物色したのであるが、「これはいかん、いくらなんでも、三人前の昼飯はいかん、心を鬼にして二人前で我慢せんといかん」と気が付いたのである。

昼飯を三人前食うてなことは、いかに大食いとは言え、健康評論家としての象師匠の名がすたるのである。

これを「気づき」と言わんでなんと言うのか!

神のお告げ以外の何物でもないのである。

おまえ、バカだろ。

誰が馬鹿だ。

ああ、あたしだ。


それで、とにもかくにも胃と食欲中枢を落ち着かせるために、FLOてなスイーツの店でキャラメルプリンを買って、ディッパーダンでコーヒーを買って砂糖とミルクをこれでもかとたっぷり入れて、その我慢としたのである。

さらに健康の危機を助長してるように見えるが、そこはそれ気持ちの問題であるので、このぐらいで済んだと思えばいいのである。

いいわけねーだろ。


このフードコートの一部を上から俯瞰するとこんなである。

タイの巨大デパートのフードコートなみの大きさである。

全体ではこの数倍はあるので、あたしの食欲中枢は狂喜乱舞である。

ああ、神はなぜにこのようなものを作り給うたのか。

いや、作ったのはイオンさんでんがな。


フードコートの一角ではUP LIFTてなグループのミニライブが少なめの観客を楽しませていて、めし食ってるのにうるせー、いや失礼、大変にぎやかである。

明日はどうでも、今この時を生きるのが象気功である。

なんですのん、いきなり。

昼ご飯ランキング  B級グルメランキング<

2019年5月26日日曜日

和食れすとらん天狗で真さばの一夜干しと馬刺しを食う


高幡不動尊金剛寺の山内八十八ヵ所巡りを敢行すべくご来駕したときの昼めしである。

まあ、従前より居酒屋のめしはうまいてな評があるわけであるが、「和食れすとらん天狗」てな、おもいっきりのネーミングでファミレス業界に参入であるわけである。

まあ、人生てなものは何はなくとも健康状態が重要である。

ユネスコ無形文化遺産登録の和食は、日本人の世界トップクラスのご長寿を支えるお食事であるのは言うまでもないことである。

八十八ヶ所巡りで山を歩き回って十分に血行を良くしても、そのあとコレステロール満載の食事では意味も何もないので、健康のためにはやはりDHAとEPAをこよなく摂取して、HDLとLDLのバランス調整につとめるわけである。

そのためには鯖てなものは実にお手軽にその目的が達せられる食材であるので、昨今は鯖缶の製造が追いつかないぐらいの大人気である。

メニューをみたら真さばの一夜干してなのがあったので、今日の昼めしはこれに決定である。

まあ、それだけでは寂しいので馬刺しも頼んだら、馬刺しだけすぐ出てきたので、先にほとんど食っちまったので写真がこのていたらくである。

お通しかよ。

どうも、もともとが居酒屋が本業であろうから、しょーがないといえばしょーがないのである。


今日は日曜日であるので、近所のサラリーマンやOLの皆さんはおられなくて、ご家族連れと大学生がほとんである。


この店は高幡不動駅近くのビルの2階にあるので、窓からの景色はこの通りである。

こんな昼めしネタをだれが喜ぶんだという声は承知の上で書いてるわけであるが、あたしが食いたいものを食いたいだけ食って、飲みたいものを飲みたいだけ飲んでも、まだ死なないで元気にさらに食いまくっているということで、象気功メソッドは正しいということの実証であるわけである。

運命運気の基本は食であるのは言わずもがなである。

でも、明日、うっかりおっちんじまう可能性もあるのが人生の妙味である。


昼ご飯ランキング  B級グルメランキング<

2019年5月18日土曜日

南インド料理のプレーンドーサ サンバル セットを食う


イオンモール多摩平の森の巨大なフードコートの南インド料理のアナス ドーサ ビリヤニてな店に二度目のご来店である。

前回はカレー味のポテトを包んだマサラドーサてなお料理をお召し上がりしたのであるが、本日はプレーンドーサ サンバル セット770円である。


プレーンはなんのことかと思ったら、巨大な三角錐の中はなんにも入ってない空で、つまり、米とウラッド・ダール(ウラド豆の皮を剥いてひき割ったもの)を混ぜて伸ばした薄いクレープ状のドーサをちぎって、サンバルてな南インド方面のカレーとココナッツチャトニに付けて食うという、シンプル極まりないお料理であるのである。

770円てなリーズナブルなお値段はそのせいであったわけである。

あたしみたいな大食い者には、とてもこれで足りるとはとても思えない量であるが、南インド方面の日常では普通の量であるのかもしれないのである。


しかし、案の定、食ったらさらに腹へったのである。

これはいかん、さらになんか食わんんと午後の体調に差し支えると思って、広いフードコートを徘徊してあれこれ物色したのである。


そしたらエライ人気で店からはるか遠くまで行列のできてる店があるので、なんだと思ったら讃岐うどんの丸亀うどんである。

まあ、あたしは並ぶのが大嫌いな上に、丸亀うどんはこれまでに何度か近所の店でご賞味してるので、スルーである。


それで、他にはなんかないかなーと探したら、テキサス ステーキ キングてな、ボリューム感満点のネーミングの店があったので、240gテキサスステーキおろしポン酢ソース1420円をご飯大盛り無料でご所望である。

ほぼ生肉をじゅーじゅーと自分で焼いて食うという、焼き立ては安い肉でもうまいという肉食の王道をつかむ焼肉方式のテイストである。

文章の組み立てに若干の無理があるが、どちらかといえば差しさわりのあるおもむきの内容をうまくかわすあれこれである。

大変おいしゅうございましたのである。

毒消しかよ。

こわいこといわんといて。


昼ご飯ランキング  B級グルメランキング<

2019年5月12日日曜日

イオンモール多摩平の森のアナス ドーサ ビリヤニで南インド料理のマサラドーサを食う


昼めしを食おうと思って、通りがかりのイオンモール多摩平の森店てなショッピングセンターに行ったらば、予想外な巨大なフードコートがあって、フードコート評論家のあたしとしては何が何でもここでお食事を召し上がらなければならないことになったわけである。

誰がフードコート評論家だてなお約束のさぶいツッコミはさておいて、その一角に南インド料理と言い張る「アナス ドーサ ビリヤニ」てな店があったので、インド料理ソムリエのあたしとしては抜き差しならない状況に追い込まれたあれこれである。

おまえはバカか、意味がどんどんわからんようになってるだろ。


それで今回、数あるメニューの中から選んだのが南インド料理のマサラドーサである。

マサラドーサは米とウラッド・ダール(ウラド豆の皮を剥いてひき割ったもの)を混ぜて伸ばしたクレープみたいな皮でカレー味のマッシュポテトをつつんであり、南インドの野菜カレーのサンバルとココナツチャトニてなソースがついてくるのである。

右上の白い紙コップの白い飲み物はサービスでついてくるインドヨーグルトのラッシーである。

他にサービスドリンクとしてチャイも選べるのであるが、この日はラッシーを飲みたかったのでラッシーである。

つまり、ラッシー気分であったわけである。

尺をとっていうことでもないとは思うがいちおういっとくのである。

どんどん無意味な文章になってるのである。

無意味というよりは無味乾燥かもしれないのである。

おまえはバカか、と二回めのひとりツッコミである。

まあ、それはともかくとして、マサラドーサは皮にカレー味のポテトをつけたり、ソースをあれこれつけたりしてお楽しみになるお料理である。

マナーとしては右手の指で皮をつまんであれこれつけてお召し上がりになるわけである。

インド方面では左手の指は、はっきりとは申し上げられない理由でお食事にはお使いにならないのである。

これ以上掘り返すとシャレにならないあれこれになるのでこのへんでね。


昼近くなると周囲のサラリーマンやOLの皆さんも集まってきて、大賑わいである。

まあ、インド料理はネパールの皆さんがカレーとタンドリーてな同じような店をあちこちに出して、インネパてなことでおなじみであるが、南インド料理はあたしもおなじみがないので、またご来店になるのはいうまでもないことである。

しらんがな。


昼ご飯ランキング  B級グルメランキング<