2019年7月31日水曜日

イオン多摩平の森のアナスドーサビリヤニでチキンビリヤニを食ったら腹へったのでビビンバとチヂミとどら焼きを食う


ううむ、梅雨が明けて夏真っ盛りで34度もあると、腹がへるのである。

まあ、あたしの場合、気功効果なのかなんなのか、先祖代々由緒正しい百姓のDNAのせいなのかなんなのか、何かにつけて腹がへるわけであるが、腹がへったら食いに行くのは人情であるので、昨今お気に入りのイオンモール多摩平の森のフードコートに涼みがてら行くわけである。

暑いときはクーラーが無料の巨大ショッピングセンターに限るのである。

食いたいもの飲みたいものが何でもござれで、さらに涼しくて快適ときては、いっそここの一角を借りて住んでしまいたいと考えるのはあたしだけではないと思うあれこれである。

これは日本よりさらに暑い象気功タイ本部道場で修業中に編み出した避暑テクニックであるが、もちろんどーでもいいネタであるので興味のない方は読み流してなんら問題がないのは言うまでもないことである。

じゃあ、書くなよ。


てなことで、このフードコートに来たらやっぱり足が向くのは、夏ということもあって南インド料理のアナス ドーサ ビリヤニである。


この店には何度も足をお運びであるが、店名にもなっている看板メニューのチキン・ビリヤニを食ってなかったので、今回、意を決してご注文してみたのである。

なんの意を決したのかは定かでないが、ついでに店員さんお勧めのチキン・マライティッカもご注文である。

チキン・マライティッカとは牛乳を温めたときにその表面にできるマライ(膜)とヨーグルトやスパイスなどのマリネ液に漬け込んだ骨なしのチキンを窯で焼いたお料理である。

ビリヤニはスパイスと米(バスマティ米)に、マサラ(様々な香辛料を粉状にして混ぜ合わせたもの)で味付けした肉や魚や卵や野菜などの具を炊き込んだ米料理で、いわゆる炊き込みご飯であるが、食ってみると、具沢山のものすごく酸っぱくて辛いチャーハンてなお料理である。

写真の下側にある白いたれはライタと呼ばれるお野菜をあえたヨーグルトである。

これをご飯にかけて食うということであるので、かけたら、とんでもなく酢っぱくてあたしにはとても「無理」である。

しかしビリヤニ自体は猛烈な辛さもあいまって、後をひくうまさで、軽やかに完食したら、もちろんいつもの通り、激辛を食ったら胃が刺激されてさらに腹がへったのはいうまでもないことである。

大食いをなりわいとするものは胃をやたらと刺激するとろくなことはないのであるが、欲望のままに流されて生きることをこよなく家訓とする象師匠におかれましては、人生の喜びがさらにいや増すご機嫌アイテムである。

なんなんだこのくだりは。


それで、何を食おうかとつらつらあたりを見回して、エスニックつながりで呉さんのビビンバである。


前回にこの店で食ったのは参鶏湯であったので、この店の看板料理を食わなければ話にならないてなことで、石焼ビビンバとついでにチヂミを注文したのである。

しかし、ご経験の方はお気づきの通り、このお料理も胃を刺激すること多大で、さらに腹がへって、今日の昼飯の落としどころがみつからなくなる緊急事態に陥ったのである。

その緊急事態を回避すべく、柿安本店口福堂のどら焼きである。

信じられない暴挙であると思われるが、これがまたうめーのなんの。

よゐこは真似をすると怒られますからね。

なにゆーてますのん。


昼ご飯ランキング  B級グルメランキング<

2019年7月23日火曜日

羽田空港国際線ターミナルで海鮮パスタとソフトあんみつとぜんざいを食う


羽田空港に用事のあるときはたいてい昼めしは江戸小路てなレストラン街である。


まあ、べつに今回の店がどうのこうのではないのであるが、羽田に限らず成田空港にしても、ゲート内ゲート外に関わらず、飲食店やファーストフードの日本人ウエイトレスのおねーちゃんのとんでもない横柄な対応にときおりあーらびっくりねするのである。


いまどきファミレスのバイトのおねーちゃんでも、もう少しましだと思うが、いくらなんでも英語が多少できるぐらいであーなるとも思えないので不思議の国のなんちゃらである。


まあ、もちろん、以前の荒れ果てた羽田成田の飲食店に比較すればあれこれのクオリティが数段よろしくなっているのであるが、それでもおねーちゃんの接客態度についてはなんなんでしょーねというあれこれの感想を持つときがしばしばである。


それで、空港にお勤めの知人にこのことを聞いてみたら、「あー、あれね、あれはつまり、ほら、某ちゅーごくじんの皆さんをしょっちゅう相手してるとあーなるのね」てなご説明である。


まあ、たしかに某ちゅーごくじんの観光客の皆さんが怒涛の数で押し寄せてる感覚もあるので、なーるほど!!と、いちおうのご納得であるが、あたしが店を出る時に顔を合わせたウエイトレスのおねーちゃんがくるりと後ろ向いてしまうに至っては、おいおい、いくらなんでも客が出る時は「ありがとうございます」ちゃうんかいとツッコミをいれたくなる非常事態である。


この動きに、そばにいた店長らしき男性からご注意もないのであるから、まあ、ふつーの対応であるらしいことにさらにあーらびっくりねである。


まあ、基本的に旅行途中のフリ客であるので、どうしてもその場限りの接客になるのかもしれんが、あたしみたいにときどき用事で空港に来る人もおられるだろうから、すごいねこれはと驚く人もおられるだろうてな思いである。

今回の店がどーのこーのではないということをもう一度念のために言っとくのである。

なんで念のためなの?

しらんがな。


昼ご飯ランキング  B級グルメランキング<

2019年7月7日日曜日

いきなりステーキでワイルドステーキ200gを食ってデザートにサンマルクカフェでキャラメルナッツバフェを食う


イオンモール多摩平の森のお料理もあらかた食いつくして、はてさて、今日は何にしようかと物色していたら、あれこれ話題の「いきなりステーキ」を発見したのである。

肉好きコレステロール好きには相手にとって不足のない店であるが、初めてのご来店であるので、一番お得なワイルドステーキ200gてなメニューからのご賞味である。

ご飯大盛りにサラダもスープもついて1130円というお得なメニューである。

ううむ、別に宣伝するつもりは毛頭ないが、まあ、撮れ高のためにはなんでも言っとくわけである。

物書きとしてのプライドはとうの昔に裏山に穴を掘って埋めたのである。

話をどこにもって行きたいのか本人にも不明であるが、とにもかくにもいけいけどんどんれっつらごーである。

あああ、反省を通り越して、恥ずかしい。


まあ、いきなりステーキの当初は「立ち食いで本格ステーキ」てなコンセプトであったと思うが、昨今はそうでもないてな話で、この店も椅子に座って食えるので実にけっこうけっこうこけっこうである。

お前は脳に虫がわいてるのか。

ううむ、自分で言っといて気持ち悪い。


それで、お肉200gを食い終わって、「ああ、300gにすればよかった」と反省することしきりであるが、それは次回のお楽しみということで、アロハを翻してさっそうと立ち去ったのである。


でも、ステーキの刺激でさらに腹減ったのはいうまでもないことであるので、3階のサンマルクカフェに行って、どでかいキャラメルナッツパフェとベトナムコーヒーで腹と心と脳にわいてる虫を癒やしたのである。

だから、脳の虫はやめんか。

ベトナムコーヒーの苦みに砂糖をたっぷり入れるとこれがまた、何をか言わんやのうまさで、血糖値の爆裂的な上昇とともに至福の絶頂を味わう今日この頃である。

もちろん、よゐこはこんな無謀な真似をしてはいけないのは言うまでもないことであるが、食える時に食っとかないと最後の審判のおりに後悔するのはあたしの本意でないのは当然である。

最後の審判とキャラメルナッツパフェを天秤にかけるという神の使途としてあるまじき進行に言葉を失うあたしである。

じゃあ、もうだまれ。

やだよーだ。


なかなかおしゃれな店であるので、サンダルにアロハのおっさんの来るところではないかもしれないと多少の感慨に思考の波が乱れたのであるが、このファッションがあたしのゆるぎないポリシーであるので、誰が何と言っても夏はこれを貫いておっさんのファッションリーダーとなる決意である。

言った後から削除したくなるのをぐぐっとこらえて、日本の明日を担う勢いの象気功のおおいなる気合をご理解いただきたい。

でたらめかよ。


てなゴタクを際限なく並べ立てても、オープンカフェのため、席から隣のダイソーでサンダルを売ってるのがご鑑賞できて、サンダル履きのあたしもどうどうとコーヒーを味わうことができたのである。

よかったよかった。

オチなしかい。


昼ご飯ランキング  B級グルメランキング<

2019年7月4日木曜日

昼めしに豚丼とざるそばセットを食っておやつに某市庁舎の食堂でカレーライスを食う


朝から忙しくて腹減ったので、昼めしに、ひいきにしてる四六時中てな店で豚丼とざるそばセットを食ったのである。

忙しくなくても腹は減るので、食うものは大差ないのであるが、脳も体も使うと、ごってり系のしょっぱい系が食いたくなるのは人情であるのはどなたもご理解いただけるところであろうと勝手に言い訳するわけである。


油と塩分がご健康によろしいわけがないのは明白であるが、基本的に食いたいもんが体の欲するものであるのは当然であろうから、食いたいものを選んだらこれになったわけである。

まあ、いずれにしても、天才気功家象師匠といえども、脳と身体がお疲れになれば炭水化物とビタミンB1とタンパク質を補給するのが筋であろうから、豚肉にご飯にそばてな取り合わせは実に理にかなっているのである。

ううう、ごたくをならべても、血管は悲鳴を上げてるかもしれないのはいうまでもないことである。

でも腹減ってんだからしょーがねーじゃん。


それで、その後、某市庁舎に出向いてあれこれ仕事関係の手続きをしたら、腹が減ったのである。

昼めしにごってり食っても、腹はさらに減るのは男みょうりに尽きるわけである。

この場合、「男みょうり」の用法が微妙であるのはもちろんであるが、あたしの意思とは無関係に勝手に指がキーボードをたたいた結果であるので、あたしの責任ではないのである。

おまえの脳は大丈夫なのか。


つーことで、この市庁舎の二階にあるいわゆる市役所の職員用の食堂に行ってみたのである。

ふつうの企業の社員食堂に、あたしみたいなサンダルにアロハのおっさんが入ると警備のおじさんに連れ出されると思うが、市庁舎の食堂はフリーである。

時間が午後3時近くであるので、ランチタイムは終わったので定食はないが、うどんとカレーライスとコーヒーはお召し上がりになれるのである。


知らない店に来たら失敗しないのはカレーライスというグルメ道の定石通りに、ここはカレーライス340円とコーヒー120円である。

いわゆる3時のおやつであるので、うどんは控えたのであるが、心の奥に斬鬼の念が残るのは斬鬼だけに残念である。

へたくそかよ。


てきとーな語彙に混乱した文章で、読んでるものはさらに混乱すると思うとさらに斬鬼に堪えない心持である。

やっぱり脳になにかしらの問題があるのかもしれないが、ただのバカである可能性の方が高いのである。

バカはナニしても治らないのである。

でも、おべーこくではバカがだいとーりょーをやってるのである。

どこで笑えというのかねこれ。


昼ご飯ランキング  B級グルメランキング<