2019年6月26日水曜日

山薬清流庵で自然薯づくし御膳を食う


店名が「山薬清流庵」である。

店名の冒頭に「山薬(さんやく)」と言い張ってるのである。

これはどう考えても、薬膳であることはあたしのようなナニのやからにも想像に難くないのである。

まさに医食同源、食により身体も運気も左右され、しいては運命をも左右し、人生の成り行きが左右されると常々わめいてる象気功の趣旨に限りなくご賛同いただける経営方針である。

食がよろしければよろしい人生が約束され、食が悪ければ悪い人生が待ち受け、自堕落な食生活に明け暮れすれば、予告なしにいきなり明日の朝にはむくろとなり、その生を閉じることとなる場合もあるのである。

あな恐ろしや。

キャッチフレーズは「自然薯とろろ・麦とろおばんざい」である。

氣の養生をなりわいとするあたしら気功師にはどの語彙も脳の深部をかき回してやまない魅惑のあれこれである。

日頃から肉食をこよなく愛し、気功師にあるまじき肉まみれのあたしの人生には一服の清涼剤あるいはカンフル剤になるであろう巡りあわせに、神の思し召しあるいは神のみこころの深さを思い知る今日この頃である。


まあ、いつもの神によいしょのおためごかしはともかく、いずれにしてもこのところ昼めしは二人前三人前にケーキ付きは当たり前という、気功家としては言語道断の暴虐な食生活を深く反省して、本日のメニューは「自然薯づくし御膳」である。

自然薯の刺身、自然薯100%のとろろ、自然薯の揚げ物、自然薯の煮物、自然薯入り麦とろ黄金ご飯、シジミの味噌汁という、実に薬膳のおもむき満載のお料理である。

血の濁りが浄化されて血液の流れがいやおうなく改善され、ああ、あたしの全身37兆個の細胞は轟轟と呼吸をし、生命エネルギーとしての氣が時空を超えて全身に隈なく張り巡らされた氣道に充ちる感覚にしばしの時を忘れるのである。

もうしわけありません、わたくしまたウソをついてしまいました。

おまえはいったいなんなんだ。


昼ご飯ランキング  B級グルメランキング<

2019年6月12日水曜日

豚屋とん一でトンてき豚汁定食を食う


おそらく本年中の昼めしはイオンモール多摩平の森のフードコートで御用達かもしれないつーぐらい、今日もさっそうとお車を駆ってご来駕である。

昼めし食うのに何がさっそうなのかはわからんが、とにもかくにも、まだ食ってない店はないかと探したら、「豚屋とん一」てな看板が目に入って、今日はこの店をターゲットに決めて、脱兎のごとくカウンターに駆け寄って「とんテキ豚汁定食税別1050円!!」と元気よくご注文遊ばしたのである。

男はやっぱり豚を食ってなんぼであるが、言ってることが意味不明であるのは言ってる本人も同様である。


このとんテキの量が大量で、ご飯が大盛りで、豚汁も大盛で、さらにご飯とキャベツはおかわり自由である。

肉はうまいし豚汁はうまいしで、涙が出るほどうそ泣きして感激しながら怒涛の完食をしたら、あろうことかさらに腹へったのである。

しかし、キャベツをおかわりしてそれをおかずにご飯をおかわりするのもグルメ食通食道楽のあたしとしては今一つ納得できないわけである。

何が納得できないのかは定かでないが、とにもかくにもとんテキ食ったら腹へったのである。


それでフードコートを見まわしたら、「ラーメン魁力屋」てな大変魅力的なロゴが目に飛び込んできたのである。


それで矢も楯もたまらずカウンターに駆け寄って「味噌ラーメン税別730円!!」と注文したら、これががっつりの量である。

ラーメンはがっつり食ってなんぼであるのはあたしら仕事人のじょーしきであるので、敵にとって不足はないあれこれである。

もちろん怒涛の完食したら、この味噌が辛味噌で、胃が刺激されてさらに腹へったのであるが、前回うっかり昼めしに3人前食っちまったので、さすがに胃袋に猛省をうながして、心を鬼にして箸を置いたのである。


しかし、そうはいっても腹の虫が収まらんので、この場合「腹の虫が収まらん」は用法が間違ってるかもしれんが、とにもかくにも腹の虫があれこれするので、店内をウロウロしてたら「BASEL」てなスイーツの店があったのである。


それで、チョコレートとクルミのショートケーキ税別420円を買って、コーヒーはいつものディッパーダンである。

どう考えても、どんぶりめし食ったのと同じカロリーかもしれないが、そこはそれ気は心である。

ああ、神はなぜにこのような楽しみを人に与えたもうたのか。

バ~カ。

まあ、とにかく昼頃イオンモール多摩平の森のフードコートに行けば、当分の間は象師匠が昼めし食ってるわけであるから、その怒涛の氣を受けて今後の人生の糧としたい人はいっしょに昼めしを食えばいいわけであるが、それで運気運命が好転するもしないもあなたの日頃の行いしだいであるのは言うまでもないことである。

それじゃ意味ねーだろ。


昼ご飯ランキング  B級グルメランキング<

2019年6月7日金曜日

Mr.チャーハンでキングステーキチャーハンを食う


本日も昼めしのためにイオン多摩平の森の巨大フードコート通いである。

どんだけフードコートが好きなんだということであるが、好きなんだからしょーがないじゃんということである。


それで今日はなんにしようかなとウロウロして選んだのが「Mr.チャーハン」てな店の「キングステーキチャーハン」である。

基本が卵チャーハンで、トッピングに牛ステーキがのっているというシンプルなお料理である。

このフードコートにはテキサスキングステーキてな店があるので、Mr.チャーハンはその店と同系列かもしれないのであるが、どーでもいいので定かではないのである。

まあ、ステーキもチャーハンもだいたい予想通りのお味でまいうーであるが、ううむ、さすがにもう、まいうーはどうかと思うが、まあ、とにかくまいうーである。

それでまいうーしたら、いつものごとくさらに胃がまいうーして、もっとまいうーしたくなったのである。


それで、なんかないかなーと探したのであるが、席から見まわすと、近くにあるのがケンタとロッテリアとミスドであるので、あたしの食欲中枢の指示がいまひとつである。


結局、毎回のごひいきの「アナス ドーサ ビリヤニ」てな南インド料理の店に足が向いて、今日は「ラム ニハリ(Lamb Nihari)」である。

うぃきによると「ニハリ(Nihari)はインド亜大陸のシチューである。牛または羊のすね肉や山羊肉、鶏肉を骨髄とともにじっくり調理する。」てなことであるので、カレーではなくスープであるわけである。

見た通り、こよなく煮込んだ骨付きラム肉の入ったスープが器からあふれんのばかりの量であるが、ナンにつけて食ってみると、いわゆるカレールーとなんら変わることがない食感で、これがむちゃくちゃに辛いのである。

予想を上回る辛さで、某日テレの激辛番組もかくやと思われる激辛である。

サービスでついてくるインドヨーグルトのラッシーを飲みながら食っても辛いので、いったい何が入ってるんだという辛さである。

あたしはタイにお住まいであったこともあるので、本場のトムヤムクンをはじめとして、とんでもなく辛い物もあれこれご経験であるが、それに引けをとらない辛さである。

まあ、逆に言えば激辛マニアにはたまらんお味であるだろうから、我こそはと自信のある人はこの店に行って「ラムニハリ」と申告すれば楽しめるのである。

それで、骨付きラム肉を辛い辛いと言いながら食い終わって、ナンを食い終わっても、その辛いスープが大量に残ってるのである。


しかし、このカレー状の激辛スープだけを飲み切る気にもならんので、ライスを注文したら大盛のサフランライスである。

サフランライスにカレー状のスープをかけて、いわゆるカレーライスにして、再度、辛い辛いと言いながらすっかり食い終わってから気が付いたのであるが、チャーハンを食って、ナンを食って、サフランライスを食って、いわゆる合計で3人前である。

カロリーはいかほどなのか、計算するのもこわいので計算しないが、ふつうの男性のおおむね一日分を昼めしで食っちまったわけである。

こんな食生活で今後の人生はどーなるのかさすがに心配であるが、それもこれも神のお導きであるので、甘んじで受け入れて今後の人生の指針とするのである。

やっぱりあんたバカだろ。


昼ご飯ランキング  B級グルメランキング<