2019年9月26日木曜日

アリオ橋本でステーキ丼とカルビ丼とココナツオイルシフォンケーキを食う


「運命は自分で切り開ける」なんておためごかしはちゃんちゃらおかしくて臍が風呂をわかすのである。

「運命は勝手に切り開かれる」のである。

その極意は実に簡単である。

先人先達のほら吹きが言うように「欲を捨てる」ことである。

ところが運の悪いものに限って欲のかたまりであり強欲の権化である。

運の悪いものにとって欲を捨てることは無理難題至難の業である。

たとえば富豪より極貧のものの方が金銭欲は格段に強いのである。

無いから欲しがり、さらに欲が強くなり、極貧赤貧となるともうこれ金の亡者である。

朝から晩まで金金金金、お金のことで頭がいっぱいである。

極貧が続けば続くほどさらに欲が強くなり、強欲の権化となるのである。

欲が強ければ強いほど金運が逃げ行くので、極貧赤貧からさらに家無し宿無しろじょーせーかつへと転がり落ちてゆくのである。

たとえば、異性運があるものより無いものの方がせーよくは段違いに強いのである。

モテなきゃモテないほど異性を欲し、どんどんせーよくが強くなり、せーよくの権化となるのである。

そーなると、たとえばせーよく丸出しの男は女性にとっていわゆるいやらしー気持ち悪いキモイ雰囲気満載となり、よほどのマニアでもない限り寄ってくるものはいなくなるのである。

モテなければモテないほどこの傾向はさらにひどくなり、しまいには異性に近寄っただけでとんでもないトラブルに巻き込まれるてな、異性運に関して悲運不運の極め付きになるのである。

欲というものは欲求であるから、枯渇したものほどそれを求めるのは理の当然である。

ところが欲が強ければ強いほど良い運はすたこらさっさと逃げて遠ざかって影も形も見えなくなるのである。

もちろん親も先祖も欲のかたまりであり強欲の権化であるので、DNA遺伝子の縛りは頑強で、あなたの進行性強欲症候群は宇宙の型枠にガッチリとはめ込まれているのである。

いいね、進行性強欲症候群である。

つまり、運気の悪いものはなにをどーしても欲を捨てることが無理であるので、悪運不運が増すことはあっても、運気を好転させることはまったく無理であるわけである。

言ってみればあたしゃ両親そろって由緒正しい水飲びゃくしょーの家系のおかげで食欲の権化であるが、今のところ望むものを好きなだけ食えるあたしの食欲よりも、不摂生食い放題のあげくのにがたとーにょーびょーで食いたいもんが食えない人の方が食欲は格段に強いのである。

食えなければ食えないほど食欲は強まり、気もふれんばかりに枯渇して、果てしない食欲地獄となるのである。

あたしだって神ならぬ身であるから、一寸先は闇で、このまま爆食街道を自由気ままに闊歩すれば、にがたとーにょーびょーで食えなくなる可能性もないではないわけである。

ならば、なんでも食える今のうちにやけくそで食いまくって「欲」を減らそうではありませんか。

そこかよ。

てなことで、神のお導きでアリオ橋本てなショッピングモールに巨大フードコートを見つけたのである。

これがどこまで広いのか先が見えないような巨大さで、あたしらフードコートマニアにとっては久々に見つけた垂涎の地である。

もちろん垂涎であって膵炎ではないのである。

シュールね。

あほ~。


食欲の権化としてはまずは肉である。

それでフードコートを見回して最初に見つけたのが柿安Meat Expressてな、いかにも肉々しいネーミングの店である。

肉といえば柿安と言われるぐらい高名な肉好きの聖地としての名声は日々暴食にあけくれるあたしの耳にも心地よく響き渡るのである。

どあほ~。


まあ、とにもかくにも最初の申し合いの相手としては十分であるのでどちらが勝つか命がけの勝負に臨みたいところであるが、健康法の大家としての一面を持つ象師匠としては馬鹿丸出しの乱暴狼藉はつつしむのが妥当と心得ての深慮遠謀の果ての決意で、牛ステーキ丼と牛カルビ丼をご所望である。

せいしんかてーしてもらえ。


さて、肉を食ったらデザートを食うのが食通としての礼儀であるので、デザートはハワイとゆーことで、HONOLULU COFFEEへ突撃である。


若かりし頃に暮らしたワイキキゲートウェイホテルの匂いも懐かしく、ああ、帰らぬ日々に目もうるんで、ハワイコナブレンドとココナツオイルシフォンケーキとハレイワてなスムージー的おジュースをお飲みになって、ああ、あのアロハオエである。

てなことでお願いしますよ。

いや、お願いされても。



昼ご飯ランキング  B級グルメランキング

2019年9月16日月曜日

大山こま参道で猪鍋と白玉小豆を食う


数十年前まで我が家に大山阿夫利神社の神職である先導師さんがお泊りになって周囲にお札を配ってあるいた縁から、年に一度は大山参りをするのが当家伝統の行事である。

まあ、青梅の御嶽神社の御師(おし)さんも時期になると我が家にお泊りになってお札を配って歩いた縁から、御嶽神社にも毎年参拝するわけであるので、この二つの神社に毎年お札をいただきに行くのであるが、ものすごくめんどくせー、あ、いや失礼、このような人生の楽しみを与えて頂いたご先祖様に感謝の念を禁じ得ないのである。

漢字が多過ぎねーか。

IMEのせいだからあたしゃ知らんがな。



大山阿夫利神社に行くには、大山ケーブル駅までこま参道の362段の階段を登るのがあたしら筋肉マニアの楽しみである。

だれが筋トレばかだ。

ゆーてませんゆーてません。


こま参道には先導師さんの経営するお宿が多々あって、豆腐料理や獅子鍋鹿鍋てなものを楽しめるのであるが、今回は「先導師旅館ねぎし」で昼飯である。


門の看板に先導師根岸巳恵造と大書してあり、相手にとって不足はない申し合いである。

この場合、申し合いの用法が適切かどーかは定かでないが、とにもかくにも入口の階段を上がって歩を進めないことには昼めしが食えないのである。

大仰な言い回しの割には内容がまったく無いのである。

内容がないようなんちゃって。

いんでまえ。


旅館となっているが、いわゆる宿坊であるので、そこはかとないおもむきのある造りで、これがまた、あたしら修行僧にはまたとない嬉しさを与えてくれるのである。

どのつら下げて修行僧だ。


庭園のお池には鯉だっているのである。

ううむ、まあ、なんだ、そーゆーことである。

興味がないんだろ。


ふた部屋の客室を衝立で仕切って、4組がご一緒にお食事ができるていの配置である。

お隣のご夫婦が先におられたのであるが、食事がお済みになって、あたしと入れ替わりにお帰りになったのであたし一人で貸し切りである。


これが一人旅の醍醐味であるが、友達がいない変わり者の常であるというのも言うまでもないことである。

自分で変人を強調かよ。

ううむ、いまひとつかな。


なにしろ至道であるので、あたしら修験者にはうってつけのお食事処と言わざるを得ないのである。

修行僧の次は修験者かよ。

次はなんなんだ。

そんなに追い込まんといてくれ。


能書きたれてるだけでは先に進まないので、とにもかくにもお品書きを見て、「ううむ、今日の気分は猪鍋だ」つーことでご注文である。


この猪鍋の味噌がまたぜつみょーで言うに言われぬ味わいである。

言わねーのかよ。


猪鍋をつつがなく完食して、さて飯のあとは何が何でもデザートを食わなければならないという強迫観念にいざなわれて、階段をあざやかな足取りで駆け上がって、数年前に豆腐料理を食ったかんき楼で本日は甘味をご所望である。

しもねたかよ。

何が?


白玉に小豆と柚子ジャム、さらに砂糖たっぷりコーヒーを飲むのは珈琲党の党規約であるので、カロリーを十分に補充して、まだまだ続くケーブルカー駅までの階段踏破の激烈な筋肉疲労に備えるのである。

362段でそんなに言わんでも。


かんき楼の前にある戸隠神社に参拝して、いつものごとく大枚100円を寄進したのは言うまでもないことである。

言うまでもないなら言うな。

ツッコミがうるさ過ぎ。

昼ご飯ランキング  B級グルメランキング

2019年9月7日土曜日

箱根関所で箱根そばを食う



まあ、なんである、箱根は東京から近い観光地であるので、この芦ノ湖畔にある箱根関所跡の施設にも何度か来ているのであるが、来たからには一応ネタにするわけである。

今回は関所跡の展示物を見るわけではなくて、ドライブ途中の昼めしのために寄ったので、ロケも関所前の商店街から関所入口までである。


箱根であるから、そりゃなんといっても箱根そばで、エビのかき揚げ付き十割そばである。

お品書きで「桜エビかき揚げそば」ではなく「エビかき揚げそば」とおっしゃってるので偽装ではないのであるが、食ってみると「オキアミのかき揚げそば」である。

今年は桜エビが記録的な不漁てな話も聞くのでさもありなんと思うが、「こだわらない」を人生のモットーとするあたしも「オキアミのかき揚げ」と明記してあったらさすがに二の足も三の足も踏むので、経営者の売り上げ対策における苦肉の策とご推察申し上げて、もちろん軽やかにご完食の運びである。

食については常に最良最高のものを求めてやまないわけであるが、無けりゃ無いで出されたものをそれなりに心行くまで味わってお召し上がりになるのが世界の食糧危機を憂うる食通のたしなみごとである。

けっ。


それにしても、グーグルマップの360度カメラで、日本はもとより世界中の街角から路地まで、よほどの辺境や事情のある地域でない限り、街歩きをしてるように見ることができることに、今さらながら驚くのである。


新鮮なものを見て脳のリフレッシュを行うことが観光の目的のひとつであると思うが、昨今は、お出かけになるときはあらかじめグーグルマップの360度カメラで周囲の事情を理解してからというのが慣習となって、すでに観光が済んでるような本末転倒の脳の具合いである。

旅の楽しみのひとつの食事にしても、その店の場所も店装も、メニューから内部の写真やおおむねの評判まであらかじめ知ってしまうので、行った時にはなじみの店である。

スマホを子供まで持つという情報化社会が急速に進化して、なんでもかんでもあらかじめ知るという今日の事情が悪かろうはずはなかろうが、もうすでにDNA検査を請け負うと言い張るご商売も乱立して、情報化社会がこのまま進めば自分の寿命も未来も先に知ってしまい、その後は余生てな感じの味気ない人生を送る人ばかりになる可能性もあるわけである。

センセー、直しは?

いらないいらない。

どうやってもおもしろくならんな。


昼ご飯ランキング  B級グルメランキング

2019年9月6日金曜日

伊東の海鮮料理はるひら丸で刺身定食を食う


八月最終週に静岡県伊東市の海水浴場オレンジビーチに海水浴に来て、隣に居合わせた短髪で小太り真ん丸のお背中から腕までお絵かき丸出しのおじさん達大勢とそのご家族の一団といっしょに泳ぎまくったら腹へったので、ビーチの街道沿いにある海鮮料理はるひら丸で刺身定食の昼めしである。

おじさん達のお絵かきはできれば長袖Tシャツ等をお召しになってお隠しになった方が穏便であると思うが、まあ、夏に一度は海水浴で細胞を太古の昔にいざない、ご家族も含めた健康促進を願うお気持ちはご職業に関わらずどちら様も同じであるのは当然である。

ううむ、だらけた書き出しに心が折れそうになるも、そこはそれ作家魂のそこはかとないともし火をはらほろと灯して、日本の文壇をけん引する心意気である。

重大な事件を起こさないうちに、いいお医者さんにご相談しなさいね。

だれがやねん、こら。

ああ、あたしだ。


まあ、ふだんはきったはったのお絵かきおじさんたちのほのぼのとした海水浴風景はともかくとして、個人も世界もあおりあおられやられたらやりかえすで、まあ、なんともかんとも弱肉強食の原始以来の本性獣性辺縁系の機能はいかんともしがたく、科学の驚異的な進歩とは裏腹に人間の英知はさっぱり進歩も何もなくて、この先の世界を思いめぐらせれば一触即発絶望的な様相も見えてこないではないが、まあ、それでも生き残るものは生き残って種の存続進化はつきないわけであろうから、捨てたもんではないわけである。

まあ、日本でもえーびーしーでー包囲網発端のおころしあいに負けてまだ数十年で、それまでは数千年もどーやって相手をやっつけるかばかりを試行錯誤していたわけであるから、その心意気が数十年で消えるわけもなく、凝りもせずに国民一丸となって馬鹿丸出しの行為に及ぶ危険性をあなたもあたしも十二分に持ち合わせているわけである。

以前の栄光はどこへやらですっかり地に落ちたしゅーかんおぽすとが部数を立て直すべく、昨今はやりのけんかんネタを某げっかんおはなだをまねたヘイトまがいの記事をはりきってあれこれしたが、掲載作家連中にディスられたら、おもいっきりの速攻であやまって、さらに恥をさらしているのは、定見もなにもないその場限りの編集が丸出しに見えて、ああ、恥ずかしいと思ったのはあたしだけではないと思う今日この頃である。

だからくだらんこと言ってないで、病院に行きなさいったら。

だれがヤバイやつだ。

ああ、あたしだ。

いや、ネタ自体がヤバかろう。


昼ご飯ランキング  B級グルメランキング