2012年5月25日金曜日

中川根町の四季の里でざるそばと草餅


物見遊山で新東名高速を走ってみようつーことで、まあ、目的地は寸又峡温泉つーことで、島田金谷てなインターチェンジで降りて、どんどん寸又峡に向けて国道473号線から362号線に入った中川根町のあたりで、「ううむ、腹減った、なんか食いたい」つーことで、道の左側になんか食わせてくれそうな店があるので車を停めたのである。


店内に入ると、「ううむ、実にアバウトなレイアウトで旅の気分満載ね」つーよーなお店で、あたしとしては大満足であるのである。

さらに厨房のウインドウには「手打ち!そば」と書いてあるのである。

なにしろ「手打ち!」と感嘆符で強調してあるぐらいであるので、そばは手打ち!であるのである。

ざるそばとかけそばと山菜そばの3種類という実にわかりやすいメニューであるのである。

そしたらおねーさんが、「きょうは、冷たいものだけです」というので、つまり、今日のメニューはざるそばだけということであるわけであるので、さらにわかりやすいメニューになったのである。

そのさらなるアバウトさに旅の気分はいやがうえにも高まって、興奮は頂点に達して「いいぞっいいぞっ」とわめきながら店内を全力で走り回ろうと思ったのであるが、おまわりさんを呼ばれる可能性もあるので我慢して、もちろん、ざるそばを注文したのである。


そしたら、おねーさんがざるそばを持ってきてくれたのである。

「ううむ、これは江戸前に近いつゆで、なかなかよろしいではないか、ほめてとらすぞ」」とおねーさんにいうのは控えて、意外なうまさに涙も溢れて嘘泣きしながら音も立てずに完食したのである。

それで、陶器のとっくりに入ってるのはなんだろう?と思ったらば、そば湯であるのである。

「このような旅の気分満点の泣かせるアバウトなお店でそば湯までちゃんと出て来るというのは、その心意気もほめてとらすぞ」とおねーさんにいうのは控えて、音も立てずにそば湯を飲んだのである。

グルメレポーターは食事でずるずるべちゃべちゃべろべろほろほろぴっぴろぴーと音を立ててはいけないのは常識であるのである。

食い方が汚いと視聴者から即苦情がくるのである。

まあ、なんでもいいや。


そしたら、そこに近所の人らしいおじさんが来て、レジでなにやらおおきな葉っぱに包まれた柏餅に似たものを買ってるので、「ううむ、あれも食いたい」つーことで買って食ったのである。

えーと1個130円だったかな?

まあ、とにかく美味しゅうございました。

昼ご飯ランキング  B級グルメランキング

2012年5月22日火曜日

東名高速海老名SAのアカモク丼とチョコクッキークランブルFプディング


物見遊山で新東名を走ってみようてなことで横浜青葉のインターから乗って東名高速海老名サービスエリアで朝の景気づけにステーキでも食ってやろうと思ってレストランを覗いたのであるが、朝の6時半であるので、まだやってないのである。

それで、ステーキがだめならごってりとビーフカレーで景気づけだということで、フードコートのカレーとなんとかライスてなお店に行ったら、これもまだやってないのである。

それでやってたのが某そば処信濃てなお店で、お仕事の皆さんがお並びになってたので、並ぶのがダイッキライなあたしもいたしかたなく並んで、アカモク丼780円てなお料理を注文したのである。

アカモクというのは褐藻綱ヒバマタ目ホンダワラ科に属し、北海道から鹿児島県まで日本各地の沿岸に分布し、栄養塩に富む浅海が生育に適していて、生命力がとても強く、長くなると7mぐらいにまで成長する海藻であるそうである。

つーことで、卵の下になってるのがアカモクらしいのであるが、とくに赤くははないのである。

まあ、基本的にしらす丼であるので、湘南ボーイで腰越を庭とするサーファーのあたしにはお馴染みの味であるわけである。

誰がサーファーだ。


つーことで、しらじらしいボケも代わり映えのしないツッコミもナニして、飯食ったら当然コーヒーだっつーので、某スタバに行って、「ううむ、いつもコーヒーでは芸がない、ここはいっちょう流行りモノでいこうではないか」てな企画で、店頭の看板でイチオシのチョコクッキークランブルwithホワイトチョコレートプディングてな、なんだかよくわからん名前のお飲み物を注文したのである。

そしたらば、おねーさんが「サイズは?」と聞くので、「小さいの」といったらば「トールですね」というので、「いや、小さいの」といったら、また「トールですね」というので、カウンターのメニューを見るとSサイズが「Tall」となってるのである。

あたしの記憶に間違いがなければ「Tall」は「背が高い」てな意味であるのである。

それじゃ、SサイズがTallならMサイズやLサイズはどうなんだ?と見てみると、Mが「Grande」で、Lが「Venti」となっているのである。

これが、Tallはイタリア語では小さいとゆー意味で、Grandeはイタリア語で大きいことで、 Ventiはイタリア語で20てな意味だそーである。

要するにまあ、イタリア風てなことであるわけである。

アメリカシアトル発が売り物の某スタバでイタリア風って、しかし。

これが、某マックだったら大笑いするところである。

まあ、あたしはてきとーに注文するので、サイズ表なんか見たこともないので今までがどうだったのかもわからんが、ううむ、まあ、コンセプトはわからんでもないが、いずれにしても安直でお気楽なセルフの店なんだし、何もイタリアを気取ることもなかろうと思うのであるが、そこはそれ企業努力で販促を強化せにゃ他社に遅れを取るだろうから、まあ、お気持ちもわからんこともないので、まあ、なんだ、Tallはイタリア語で小さいサイズとゆーことで590円であるのである。

つーことで、おいしゅうございました。

2012年5月14日月曜日

ベトナム料理店で激辛麺ブン・ボー・フェとベトナム・コーヒーとパクチー


えーと、実は取引先のしゃちょーのお父様が亡くなられて、その告別式の帰りに飯食いに寄った某とーきゅー百貨店のレストラン街にあった、某ニャー・ベトナムてな名前のベトナム料理店であるのである。

それで、ベトナム料理といえばやっぱりフォーだろうつーので、メニューのフォーのたぐいを見てたら、このブン・ボー・フェてな、聞いたことがない名前のお料理を見つけたのである。

「ううむ、これは名前からしてフェであるので、きっとフェにちがいない」つーことで、フェがなんのことかわからんがとにかくおねーさんを呼んで注文したのである。

それで、まあ、この手の東南アジア的エスニックといえばパクチーであるので、それも注文して、それをかけたらこれが例によって、ほれ、なんつーのか青臭いつーのか田んぼの畦道の雑草の匂いというのか、あたし的には「ああ、たまらん」つーことであるのである。

まあ、このベトナム料理を初めて食ったのは、まあ、数十年前に初めてハワイのオアフ島に行って、そのころカラカウア通りにあった各国のお料理をならべたインターナショナルマーケットプレイスてなフードコートの入り口にあったベトナム料理店のフォーであるのである。

そのフォーにパクチーがこれでもかとてんこ盛りにのっていてとんでもない青臭い匂いで、「ううううう、これはなんだ、さすがに国が違うとラーメンの具も臭いも違う、さすがはハワイだ、ああ、世界は広いもんだ」なんて、お上りさん丸出しで感激して、それ以来、ベトナム料理といえばフォーであり、パクチーであるのである。

それで、まあ、とにかくパクチーもかけて、田んぼの畦道の雑草の臭いも鼻をついて、「ううむ、たまらん、ああ、あたしの霊体アストラル体エーテル体はすっかりベトナムに瞬間移動しておつむはピッピロピー」てなことになって、一口食ったら、これがとんでもない激辛であるのである。

まあ、激辛といっても、それなりで、あたしの大好きな範疇であるので、わーしゃわしゃ食ってたら、最初にくしゃみが出てきて、それから鼻水が出てきて、花粉症が爆発したみたいな騒ぎになったのである。

それで、来る途中のスマフォのセールスのおにーさんにもらったティッシュで鼻かんだりくしゃみしたりで、「ああ、これはものすごくうまいが拷問だ、早く食って外に出よう」なんて思って、どんどん食ったのであるが、これがサービス満点大盛りで、なーかなか減らなくて、さらにくしゃみと鼻水の大洪水で、昼飯は大混乱だったのである。

それで、周囲の客はどうかと見回したら、大混乱はあたしだけで、皆さんは整然とお食事をなされているのである。

このブン・ボー・フェ以外はそんなに辛い料理はないらしいのである。



それで、大騒ぎの末にブン・ボー・フェを食い終わって、食後はやっぱりベトナム料理だけにベトナム・コーヒーであるのである。

それで、ベトナム・コーヒーのドリッパーのお湯がどう見ても少ないので、「ううむ、これってだめじゃん」と思っていたらば、おねーさんが蓋を開けて覗きこんで「あらら、お湯が少ないわね」といって足してくれたのである。

まあ、とにもかくにも大騒ぎで食って飲んでおいしゅうございました。

つーことでひとつ、ね。


昼ご飯ランキング  B級グルメランキング

2012年5月8日火曜日

仕事終わりにカフェモカとアメリカンとチーズタルト


仕事終わりに立ち寄った某もすこてなコーヒーショップであるのである。

某もすこはもちろん、某もすばーがーちぇーんの展開するコーヒーショップであると思うのである。

まあ、最近はこの手のセルフのコーヒーショップでは、「ブレンド」「アメリカン」てなものや、珈琲豆の産地種類によるストレートコーヒーてなコーヒーそのものを売りにしてるのではなく、カフェオレ、カフェラテ、カプチーノからさらにいろいろ手を加えた、コーヒーを素材としたスイーツあるいはデザートてなもののたぐいをイチオシであるのである。

それで、ご多分にもれずこの某もすこの店頭にもカフェモカのたぐいをおすすめの看板がだしてあったので、カフェモカをそのまま注文したのであるが、いわゆるなんの変哲もないコーヒーも飲みたかったのでアメリカンも注文して、ついでにチーズタルトも食いたかったので注文したのである。

カフェモカ (café mocha、Caffè mocha) とは、エスプレッソコーヒー、チョコレート シロップ、スチームミルクを混ぜた飲料で、チョコレートとミルクの代わりにココアを使うこともあるのであるのである。

さらにこの写真のようにホイップクリームなどをトッピングすることが多いのであるのである。

本来の「モカ」とはコーヒー豆の収穫産地を指すブランドのモカコーヒーのことであるが、そのコーヒー豆にはカカオ(チョコレート)に似た風味があり、カフェモカは、チョコレートを入れることでそれに似せたもであるわけである。

アメリカ生まれの飲料であるが、イタリア風を意識しており、コーヒーにはエスプレッソを使うのが本式であるのである。

あちこちのセルフのコーヒーショップのスイーツ系のコーヒー飲料を飲んでみると、このカフェモカをアレンジしたものが多いのであるが、あたしが単にそのたぐいが好きで、頻繁にそのたぐいを注文するからかもしれないのであるのである。

さらにアメリカンに限らずコーヒーにも砂糖とミルクを5個ずつ入れるので、セルフでいくらでも砂糖とミルクをもらえる店がお気に入りである。

まあ、対面の店で「砂糖とミルクを5個づつ下さい」と毎回言うのはさすがにあたしでも気がひけるのである。

さらに、コーヒーを飲むのは仕事のついでであるので、そうなるといつもだいたい決まった店をぐるぐる廻ることになるので、対面の店の場合は顔見知りの店員に毎回「砂糖とミルクを5個づつ下さい」なんてとても言えたもんじゃないのは、ふつうの感性をお持ちの方ならご理解いただけると思うのである。

とくに昨今は不況が通常になった社会的状況からか、店側でも原価意識が徹底して、砂糖とミルクをできるだけ使わせないてな風潮がないでもないのである。

それで、あたしもいいかげん大人であるので「金を払ってるんだから5個づつよこせ」なんて無体なことはいわずに、あたしの仕事バッグには常時マイシュガーとマイミルクを常備してあるのである。

中高年真っ盛りのあたしの年齢で毎日こんな生活をしてると、もちろん血液も血管もえらいことになってる可能性があるわけであるが、ときどき量販店などでコーナーを張ってる怪しい健康食品販売の店頭のいかにもそれらしく見える機械で測ってもらうと、血液はさらさらで20代前半といわれるので、まあ、たゆまぬやけくその運動のおかげかね。

まあ、よく言われることであるが、めんどうと思わすに運動することであるのである。

なんにしてもおいしゅうございました。

てなことである。


昼ご飯ランキング  B級グルメランキング

2012年5月1日火曜日

某濱町で御刺身定食と有機栽培コーヒー


久々に某濱町てな和食レストランで昼飯であるのである。

まあ、前回はいつ来たのかも忘れるぐらいしばらくぶりであったので、メニューがすっかり変わっていて、なんだか新しい店にきたようで、あれも食いたいこれも食いたいてな食欲を刺激されたのであるが、結局、和食レストラン定番の御刺身定食1449円とセットの有機栽培コーヒー105円を注文したのである。

それで、でてきた御刺身定食を食い始めて「ううう、いかん、写真を撮るのを忘れた、ううう、デジカメも忘れた」つーことでケイタイ電話のカメラで撮ったのである。

最近はすっかりカメラに飽きてしまったので、ケイタイは携帯してるが、デジカメは携帯してないのである。

まあ、なんつーのか、長生きしたけりゃ和食であるわけである。

この定食の盛り付けを見てもわかるとおり、刺身と温泉卵とカニの味噌汁と漬物であるのである。

油を使ってないので、まあ、600キロカロリー前後であるのがわかるわけである。

成人におなりになったらば、一日あたり1500キロカロリー前後にすればすくなくとも成人病に罹患する可能性が低くなるわけである。

さらにご長寿遺伝子もご活躍になる可能性もあるので、さらに寿命は伸びる可能性があるわけである。

まあ、そうはいっても、どこでどうなるのかわからんのが人生の妙でありお楽しみであるわけであるから、食いたいもん食って早めにおっちんじまうってのもあながち否定すべきことでもないのはいうまでもないことであるのである。

つまり、なんでもいいわけである。

つーことで、食後の有機栽培コーヒーであるのである。

砂糖とミルクを5個ずつもらえませんか。


昼ご飯ランキング  B級グルメランキング