2013年11月16日土曜日

台湾桃園国際空港のNosh Cafea& Barで鮮搾雪梨汁と泰式牛肉湯金邊粉


まあ、タイから日本に帰る途中で、台湾桃園国際空港で転機つーことで、乗り継ぎ時間が2時間あるので、なんか食おうではありませんかつーことで、台湾といえば台湾料理であるが、前回のタイ旅行の際に食った牛肉そばが美味かったので、やっぱり台湾はそばかなつーことで、タイのスワンナプーン国際空港でトムヤムそば食って、台湾でも泰式牛肉湯金邊粉という名のタイ式牛肉そばを食ったのである。

タイ式つーことで写真でもわかるとおり、そばの上に赤いとんがらしが乗ってて辛いのである。

べつだんそばマニアつーことではないのであるが、台湾に限らずメニューを見るとどうもそばが食いたくなるのはなんでかね。

写真では切れていてグラスの下の方しか写ってないのであるが、鮮搾雪梨汁は字面の通り、梨のフレッシュジュースである。

名称に雪がついてるのはアイスドリンクつーことであるかもしれないのであるが、アイスなら氷がついてもよさそうなもんだと思うのであるが、その真相は例によって料理を運んできたおねーさんに聞いたわけではないので定かで無いのはゆーまでもないことであるのである。

どうも発着に遅延があったらしく、遅延の際に渡されるお食事券の皆さんで店内は満員でごった返していて、押すな押すなの盛況で、責任者のおねーさんは殺気立ってる接客で、お顔がとても恐ろしくて、さらにその恐ろしい顔でメニューを投げていったのであるが、そこはそれ、常に丹田意識で顔はにっこりの泰然自若の象師匠であるから、軽やかに注文して待ってたのであるが、梨ジュースが出てきただけで、待てど暮らせど牛肉そばがさっぱり出てこないので、いきなり烈火のごとく激怒なされて、通りがかったおねーさんに「そばがこないぞ、ヌードル、ノーね」とわけのわけらないことを言ったら、おねーさんが調理場カウンターになんか言いに行って、すみやかにそばがご到着遊ばしたのある。

外国ではだまってると何事もスルーされてほったらかしになってしまうので、とりあえず大騒ぎするとなんとかなるのである。

大騒ぎしてると「めんどくさいやつだ、先に処理してしまえ」つーことで、すぐなんとかなるのである。

しかし、秩序のある日本でこれをやってると、「おつむのおかしいやつがいる」つーことで、けーさつに通報されないとも限らないので、そこはそれ国情に合わせて対処することが肝要であるのである。

ううむ、あまりにもテキトーすぎて、ドツボにはまってこんにちはになってしまったのであるが、まあ、グルメレポートなんてえもんは、基本的に命にかかわらないどーでもいいたぐいの情報であるので、おためごかしになるのはいたしかたないことであるのをご了解いただきたいとゆーことでわあわあゆーとりますが、お時間ですので大変美味しゅうございました。


昼ご飯ランキング  B級グルメランキング

2013年11月8日金曜日

Mongo TreeでSpicy Tom Yam Noodle Fish Ball & Thai Ice Coffee


これ、タイから日本にご帰国なさるつーことで、チェックインして、さてさてなにしろ何を食おうかつーことで、出発ゲートに行く途中でMongo Treeてなお店に入って、魚肉ボール入りトムヤムクンそばとタイアイスコーヒーである。

それで、ご入店してから気がついたのであるが、この店は前回にタイに来た時もお帰りの際にお寄りになったことを思い出したのであるが、おねーさんがご注文を聞きにきてるので、ここで出たりしてはグルメレポーターとしての常識を疑われるのである。

つーことで、タイにお住まいの知人に聞いた話によると、このタイアイスコーヒーつーものは、実はコーヒー豆が入ってなくて、コーヒー豆でない豆を煎ってコーヒーの味を出してるアイスドリンクであるつーことであるのである。

コーヒー豆ではないから、カフェインも入ってないつーことであるのである。

でも、不思議なことに思いっきりコーヒーの味なのである。

タイアイスコーヒーはチャーノムイエン(タイミルクティー)と並んでタイの2大ドリンクであるわけであるが、それはあたしだけのランキングかもしれないのはゆーまでもないことであるのである。

まあ、タイアイスコーヒーについてこれ以上のうんちくも持ちあわせていないので、つぎにSpicy Tom Yam Noodle Fish Ballのご挨拶である。

日本でゆーところの魚肉ボール入トムヤムそばであるのである。

スープはいわゆるトムヤムスープで辛いわけであるが、激辛つーほどの辛さではないのである。

しかし、これはあたしがタイの激辛な食生活に慣れてしまって、辛さに鈍感になってしまったせいかもしれないののであるが、空港であるので、外国人向けに辛さを控えているのかもしれないツーことかもしれないのであるが、スープがまっかっかであるのでやっぱり辛いのかどーなのか、さっぱりわかったもんじゃないのはゆーまでもないことであるのである。

魚肉ボールつーのはなんだろねーと食ってみたらば、これが蒲鉾であるのである。

言い直すと蒲鉾入りトムヤムそばつーことであるわけである。

なんだか実に不思議な食いもんであるが、これって、バンコクで見かけたことがないので、この店のオリジナルかもしれないのであるが、これも、店員のおねーさんに聞いたわけではないので、さだかではないのはゆーまでもないことであるのである。

タイアイスコーヒーが130バーツで蒲鉾入りトムヤムそばが210バーツであるので、合わせて340バーツでこのときのレートでだいたい1054円であるのであるが、これは空港内としてはお得なお値段であるのであるような感じがするのはあたしだけではないと思うのである。。

空港内の食堂の値段てなものは、どこも同じようであるのであるが、その基準がいったいどこにあるのかは、大霊能者のあたしにもわからないのである。

てなことで、基準がどこにあってもなくても大変美味しゅうございましたのである。


昼ご飯ランキング  B級グルメランキング

2013年11月3日日曜日

タイまっくでオレンジジュースとアップルジュース


まあ、タイはなにしろくそ暑いので、うろうろ歩くとどーしても喉が乾くので、そーなるとやっぱりタイでもまっくであるのである。

タイまで来て、なんで今さらまっくかと思うわけであるが、それでもまっくであるのである。

この写真のジュースは60バーツであるから、まあ、だいたい日本で言うと180円てな設定かね。

それで、このジュースパックのオレンジとアップルがレジ横に氷のバットに入って並んでいるので、両方共買ったのである。

まあ、以前にタイに来た時もネタにしたのであるが、おなじよーな容器入りでおなじーな味のジュースパックを通りがかりの他のコーヒーショップでも飲んだことがあるので、タイではこれが定番であるらしーのであるが、カウンターのおねーさんに聞いて確かめたわけではないので定かではないのはゆーまでもないことであるのである。

ううう、さすがにタイとはいえまっくだけに新しいネタもなくてどーやっても広がらんな。

それでもむりやりくぱぁと広げてあらいやんにしないといけない宿命を背負って今日も明日もこそくな手段もあれこれ弄してあれが美味いこれが不味いとのたまわるわけである。

えーと、なんだっけ、途中でなにがなんだかわからなくなってしまったじゃありませんか誰のせいだ?ああ?なんだあたしのせいかよはははちゃんちゃん。

いかん、どんどん内容が薄くなってる。

さて、あたしみたいなてきとーに人生を千鳥足で歩くやからは、やっぱりジュースでも飲んで厚さをしのいで明日への気力を養うわけであるが、明日というよりも今日の気力を養うジュースでもいいのである。

まあ、疲労てなもんは水分不足、つまり脱水が主な原因である場合が多いのである。

特にくそあついタイでは油断するとすーぐ脱水して、へろへろになる恐れがあるので、その前にちゃくちゃくと水分補給をして、タイの街角やビルの前に祀られるブラフマンに祈りを捧げなくてはならないわけである。

たははは、さらに内容が薄まって、なんのこっちゃというご意見もつらつらかいま見えるわけであるが、ブラフマンはアートマンと同一であるつーご意見もあるのであるが、まあ、どーでもいいとゆーご意見もあるのである。

もちろん、象気功としてはどーでもいいのはゆーまでもないことであるのである。

まあ、こんなとこかな。

ブラマンでもアートマンでもどーでもいいでも大変美味しゅうございましたのである。

なんじゃこりゃ。

昼ご飯ランキング  B級グルメランキング

2013年11月1日金曜日

エアポート・レール・リンクに乗ってスワンナプーム国際空港でトムヤムクンを食う


まあ、いつも空港から宿泊先までリムジンタクシーでだいたい3000円でご来駕なさるのであるが、タイ移住計画の一環で、実際にバンコクで生活するには電車であちこち行ければ便利ではなかろうかつーことで、その練習として今のところ一番頻繁にご使用になるスワンナプーム国際空港までラチャダムリ駅からシティラインでパヤタイ駅に行って、そこから高速鉄道エアポート・レール・リンクてな特急列車に乗ってみたのである。

しかしこれ、乗る前に時刻表を見てみると、日本と反対で赤字が平日で黒字が休日なのであるが、始発が平日が10時半で平日が6時半であるのである。

ううむ、おそらく役に立たないのである。

だいたい、日本に帰る時はたいてい平日の朝9時前後の便であるので、7時ぐらいまでにチェックインしなければならんのである。

10時半始発ではどもならんがね。

でも、まあ、到着してからの足としては使えるので、3000円が270円になるので、とにもかくにも乗ってみたらば、車内はがーらがらで、殆どの人は半額のどんこーで行くらしいつーことが判明したのである。

それで、まあ、パヤタイ駅からスワンナプーンまで10分で着いたのである。

どんこーだとだいたい30分ぐらいかね、いやわからんけど、まあ、帰りはどんこー乗って乗車時間を確認するのである。


さて、ついてみたら、空港案内があったので、今までこんなもの見たこともなかったのであるが、ここはひとつタイ生活の通になるべく、ためつすがめつ隅から隅までよーく見てみたのである。

まあ、どかにうまそーな店があるかつーことが中心であるが、さらに実際に上から下まであちこち歩いてみて、スワンナプーンはチェックインしないとろくな店はないつーことも判明したのである。


それで、何回か立ち寄ったことのある出発フロアの店に入って、タイ風アイスミルクティーのチャーノムイエンとトムヤククンを注文したのである。

でも、昼飯はすでに食ってしまったので、ライスは注文無しであるのである。

そしたら、トムヤムクンが思いっきりの激辛であるのである。

見かけどおりにものすごく辛いのである。

日本の激辛地獄ラーメンてなもんはどーみてもこれがヒントであるのがよーくわかるぐらいのスープと色と辛さであるのである。

しかし、こんなものでひるんでいては、稀代の霊能グルメレポーターとしての名がすたるのである。

男一匹象師匠の股間にかけてライス無しで完食したのはゆーまでもないことであるのである。

つーことで、辛さを通り越して口が痛くても大変美味しゅうございましたのである。

うー、から。

昼ご飯ランキング  B級グルメランキング

2013年10月30日水曜日

バンコクの外国人特派員クラブのレストランでお食事



知人が記者特派員クラブの会員であるので、そのレストランでお食事をしてみようてなことで、昼飯を食いに行ったのである。

いわゆる外国人記者クラブであるので、タイ駐在の外国人記者のたまり場であるわけであるが、昼間なので、皆さん取材等のお仕事でだーれもいないのである。

それでも、記者らしい白人のおじさんが飯を食いに来たりするのであるが、仕事がけつかっちんなのか、飯を食い終わるとすぐお帰りになるので、ほとんど貸し切り状態であるのである。

ホールの奥には会見場が設えられていて、記者会見レセプション等が行われるわけであるが、この日は日本から世界屈指の大霊能者の象師匠がお越しになられているにもかかわらず、タイでは知名度がいまひとつなためなのかどーなのか、残念ながら記者会見は行われなかったのである。

まあ、とにもかくにもタイ料理が出てきて、トムヤムクンも出てきて、これが、すっきりとした味わいのなかなか秀逸なタイ料理であるのである。

トムヤムクンもただ辛いだけではなく、エビの甘みがほどよく醸しだされていて、調理人の力量が見える味の玉手箱であるがべつにあたしは彦摩呂さんではないのである。

世界を股にかける記者諸君の舌を相手にしてきた老舗の力量で感じられる味であるなあと感激することしばし、あたしの目にはいつしか涙さえ浮かんでくるのである。

この涙はトムヤムクンのとんがらしのせいかもしれないのであるが、そーいっちゃ情緒もなにもあったもんじゃないじゃありまへんかはらへろほれ。

ううむ、飽きてしまったのであるが、もうちょい書かんと尺が足りんので、てきとーにキーボードをれろれろりんしてあらぬところもれろれろりんしてあららんいけませんわそんなにれろれろりんしたら怒りますわよこのれろれろりん坊主ちゃんてなことでそうこうしてるうちに尺も埋まってめでたくれろれろりんで大変美味しゅうございましたのである。

昼ご飯ランキング  B級グルメランキング

2013年10月28日月曜日

タイといえばチャーノムイエン(タイミルクティー)


タイに来たらこれである。

タイ語ではチャーノムイエンとゆーのであるが、えーごではタイミルクティーあるいはタイアイスティーであるのである。

チャーは茶、ノムはミルク、イェンは冷たい。チャーノムイェンで平たく言えばタイ風アイスミルクティーであるのである。

最初に飲んだときは、あまりにも不思議な香りと味にびっくりしたのであるが、今は慣れてしまったのでそーでもないのである。

茶葉はバニラの香りのタイティーで、不思議な香りはそのせいかもしれないのである。

タイ人はどうも国民的に甘いもの好きなのかどーなのか、これも例外ではなく、ミルクはコンデンスミルクであるので、これがものすごく甘いのである。

タイ移住計画のためのマンションを見に来て、近くにコンビニとコーヒースタンドを兼ねたようなお気楽な店があったので、入って飲んでみたのである。

値段は45バーツであるから、だいたい140円ぐらいであるのである。

まあ、写真ではがらがらであたししかいないのであるが、これが、そうでもなくて、お客が次から次へと来て、おねーさんは大忙しであるのである。

タイ人は喫茶好きであるのである。

まあ、名古屋人みたいな感覚か何なのか、どこのコーヒーショップも大賑わいで、この一つ先の通りにはスタバもあるのであるが、そこも大繁盛であるのである。

サラリーマン、OLの給料は3万円てなところが平均的であると思うので、日本と変わらん値段のスタバのコーヒーはバカ高いはずであるが、なんだかしらんが押すな押すなで満員であるのである。

さらになんだかしらんが、地方はともかくバンコク周辺の都心には、ベンツ、BNW,ポルシェてな高級車がぞろぞろ走っていて、いったいこの国の経済はどんな仕組みなのか、大霊能者を自負してやまないあたしにもとんと納得がいかない光景が目の前に常時展開されて、ほほえみの国の魅惑蠱惑に幻惑されること夥しい限りであるのである。

まあ、実際にタクシーで走ってみると、走行車線なんかあってないようなもので、右から左から縦横無尽に車もバイクも縫って走るので、整然とした日本の道路事情に慣れてすっかり感覚が泥濘にとろけたあたしの運転技術では事故になることは必定であるので、車を買う予定もないのでどーでもいいのであるが、車の関税は200%であるそーであるのである。

ベンツなんかいったいいくらするんでしょーか。

それでも皆さんSクラスの新車に乗ってらっしゃるんだらから、すごいねどーも。

金の流れがものすごく偏ってるのがよーくわかるのであるが、よそのお国であるので、大きなお世話であるのはゆーまでもないことであるのである。

車を買う予定はさらさらなくても、チャーノムイエンはぜつみょーなお味で大変美味しゅうございましたのである。

昼ご飯ランキング  B級グルメランキング

2013年10月26日土曜日

バンコクのセントラルワールドのシンガポール料理店のチキンライス


セントラルワールドにはZENと伊勢丹が入っていて、その5階にレストラン街があって、その中にシンガポール料理てなお店があったので、まあ、タイに来てシンガポール料理もなんであるが、店頭の看板にチキンライスてなのがあったので、「ううむ、シンガポールのチキンライスっていったいどんなんかね?」つーことで霊能グルメレポータとしての血がワイワイと騒いで、矢も盾もたまらずご来店遊ばしたのである。

ううむ、ご来店ではなくご入店かな、まあいいや。

それで、チキンライスとゆーから、例の赤い西洋チャーハンを想像してたのであるが、出てきたのは、チキンを蒸したのと白いご飯であるのである。

その蒸したチキンに辛いのだの甘いのだのしょっぱいのだの酸っぱいのだのの、お好きなタレをご所望の上お召し上がりなるつーごくシンプルな料理であるのであるが、これがあっさりした見かけに反して美味いのである。

美味けりゃなんでもいいとゆーコンセプトで人生を送るあたしとしては大満足で、「ああ、うんまいなあ、うんまいなあ」と食い始めたのであるが、チキンの量がもんのすごく多くて、これまた大満足であるのである。

えーと、なんだっけ、いいかげんに書いてるから、途中で言いたいことを忘れてしまうのである。

ううむ、ああ、そうだ、まあ、このチキンライスとタイミルクティーで1200円ぐらいであるのであるが、これを外の路上屋台レストランで食えば200円ぐらいであるのである。

でも、タイに来てうっかり食あたりをすると、しばらく寝たきりになって、いろいろとあれこれ計画してきたことがおじゃんになるので、そこはそれ、かつてのエコノミックアニマルもこれいかんとゆーよーな本領発揮で、札束でナニを張って張り倒すわけである。

しかし、このタイとしては猛烈な値段のレストランも昼時であるので、タイ人の大金持ちお金持ち小金持ちがたーくさんおられて、日本とはちがう貧富の激烈な差を実感する次第であるのは否めないわけであるがうううてきとーすぎるではありませんかよねえあなたちゃんとしないと読者が離れるのであるよ。

つまり、天才気功大霊能気功家象師匠といえども、コレラ菌やらチフス菌やら赤痢菌やらアメーバ赤痢菌やらサルモネラ菌やら腸ビブリオ菌やらプレジオモナス菌やらと戦っても勝てないのである。

年がら年中夏で高温多湿で水事情の悪いタイの屋台は、日本のお祭りの屋台とは事情が違うのである。

多少どつかれてもへーきなぐらい鍛えてあるあたしでも、内蔵はへーきではないのである。

毒素が血管に回って敗血症でも起こしたら、タイでおそーしきにならんとも限らんでのある。

食中毒に気功なんかへのつっぱりにもならんのはご理解いただけると思うのである。

虚弱体質の日本人は屋台では食わないことをお勧めするのであるが、しかし、これがね、ものすごくうまそーなので心が挫けてそのうち食っちまうかもしれないので、あたしは自分の中の食の悪魔がこよなく恐いのである。

てなことでテキトーこの上ないことをワアワアゆーとりますが大変美味しゅうございましたのである。

昼ご飯ランキング  B級グルメランキング

2013年10月25日金曜日

成田空港で焼き魚定食で朝食


またまた、蔵師匠タイ王国移住計画の一環で、タイのマンションを調査しに行くつーことで10月16日の早朝に成田空港であるのである。

この日は大型台風26号がちょうどこの時間に成田付近にご到着つーよーな予報であったので、聡明賢明なあたしは交通網混乱を予測して、前日から成田の空港内ホテルにお泊りして、早朝に颯爽とDeparture Floorに現れたのである。

それで、出発便の時間を確認したらばおもいっきりの遅延で、10:55の便が代替便で14:30てな3時間半待ちのあらさのさーであるのである。

まあ、あらさのさーでも遅れるもんはしょーがないので、まあ、例によってとにもかくにも人生は食わねば始まらんつーことで、トランク引きずってエスカレーターを上ってレストラン街に行ったのである。


あちこちのレストランの店頭には8時から開くてな表示があったのであるが、台風の影響なのかどうなのか、店員さんがご到着遊ばされてないらしく、ほとんどのレストランがシャッターガラガラ閉店状態で、このN'sCOATてなお店の一人勝ち状態であるのである。

なにしおう食通グルメレポーターとしての御役目も甲斐なく、店頭のモーニングメニューから、この店のコンセプトからのパンを中心としたメニューを無視して、あえて焼き魚定食を選んで、カウンターでご注文遊ばして、呼び出しのベルを持たされて、ご着席と相成ったのである。


それで、しばらく待ってたら出てきたのがこれである。

まあ、店頭のロゴにCAFE&DININGと言い張ってるこの手の店としてはなかなか気合の入ったできで、意外ね意外ねと心の奥底で快哉をやんやのやんやでうううだめだろくな言い回しが出てこないが大変おいしゅうございましたのである。

まあ、それで、食い終わって、航空会社のカウンターに行ってみたらば、おねーさんが、早い便ならあるつーことで、9:40発の便に変更つーことで、問題は何もなくなって無事機上の人となったわけであるのである。

昼ご飯ランキング  B級グルメランキング

2013年9月24日火曜日

横浜横須賀道路上り横須賀PAのシーラフライ定食


三浦半島の観音崎観光の帰りに立ち寄った横横道路の横須賀PAで遅めの昼めしを食おうつーことで、食券売り場のメニューをみたら、しらす丼と漬け丼とこのシーラフライ定食が目についたので、「シーラフライって食ったことがねーではありませんか」つーことで自動販売機でシーラフライ定食の食券を買って、カウンターのおにーさんに渡したら、「フライを揚げますのでしばらくお待ちください」と言われて番号札を渡されてお待ち申し上げていたら、これが出てきたのである。

なんて、観光に行って昼めしがPAなのかつーと、観音崎周辺の海浜道路を海鮮料理を求めてぐるぐる回ったのであるが、めぼしい店がなかったので、この仕儀と相成ったのである。

観光地に行ったらばその土地の料理を食うとゆーのが、お料理グルメレポーターとしての鉄則であるとは思うが、食いたい店がなかったんだからしょーがねーのである。

しかし、これ、シーラのフライ定食なんてえお料理は、どこの観光地でもお目にかかったことがなかったので、フロックであるが、大当たりでないこともないのである。

それで、食ってみたらば、シーラって臭みもなくてひじょーに蛋白であるのである。

まあ、匂いと味は連動してるので、いってみれば味がないっちゃないのである。

あたしはソース好きであるのでその衣にソースをかけたから、ソースをかけた衣の味であるのである。

でも、なんだかわからんほのかな味と香りがあるので、このなんだかわからんほのかな味と香りがシーラの味かもしれないのである。

それで、店内を見回してみると、ほとんどが作業服やワイシャツといったお仕事の皆さんであるのである。

そのお仕事の皆さんが何を食ってるのかなと観察してたら、このシーラのフライ定食が大変人気であるのである。

これぞ我が意を得たりと心躍る心地もそこそこに、レストランの外に売ってた横須賀カレーパンを食ったのであるが、鳩が数羽寄ってきたのでパンをちぎってあげたら、腹を満たしたのかあたしの前でくちばしをつつき合ってから交尾を始めたのであるが、ものの2秒で終了したのである。

ううむ、なんだ、鳩もあたしらも腹と口とナニは連動してるのかもしれないのであるが、まあ、調べたわけでもないのでどーだかわからんが、シーラフライ定食は不思議な味で大変美味しゅうございましたのである。

昼ご飯ランキング  B級グルメランキング

2013年9月7日土曜日

さぶうえいで生ハム&マスカルポーネとその他


某ショッピングセンターにさぶうえいてなファーストフードが新しくご出店なされたので、「ううむ、これはひとつ行ってみないことには霊能食通レポーターとしての御役目が立たないではありませんか」つーよーないつものてきとーな理由でご来店あそばしたのである。

天下の象師匠がお越しになったつー事でいらぬ緊張を与えて、さらに新店つーこともあるのでなれない店員さんにさらなる緊張を与えて混乱を招くと店の経営にも差し支えてはいけないとゆーゆーなありがたい心遣いで店側には伝えず秘密でのご来店であるのである。

ううう、文章がでたらめだ。

まあ、10年ぐらい前に新木場の駅前にあるさぶうぇいにご来店した時に、ハンバーガーとコーヒーを飲んだらば、どう考えてもレベルの低いお料理でコーヒーもぜんぜんうんまくなかったので、なにしおう食道楽食通のあたしとしてはそれ以来ご来店いたしてないのであったのである。

このブログはよいしょばかりかと思うと大きな間違いで、やる気のない店にはひじょーにきびしーご意見を忌憚なくご開陳遊ばすのであるよあなた。

しかし、昨今は帰れま10でも取り上げられたりして、かなり反省が見られて、いろいろとメニューや経営状態も改善されてるよーな趣もあるので、これは行ってみる価値があるかもしれないつーよーなことであるのであるので来たあるよあなた。

ううう、ナニジンだお前はつーお声も聞こえてくるよーなひどい文章であるが、やる気がないんだろお前と言われればごもっともであるのである。

えーと、なんだっけ?、ああ、さぶうえいだ、それで、まあ、今回、10年ぶりに行ってみたらば、サンドイッチのお店であるのである。

でも10年ぐらい前に行ったときは、たしかハンバーガーを食った覚えがあるのである。

そのハンバーガーとコーヒーが不味かったのでそれ以来のご無沙汰となったのであるが、どうもさぶうぇいはサンドイッチの店らしいつーことが今回のご来店で判明しのである。

ううむ、なんでだろー?、つーことでうぃきでみてませうね。

2003年10月にニュージーランドから輸入していたパン生地に利用していた酵素が遺伝子組み換え微生物で製造されたもので、日本では安全性審査を受けていなかったため食品衛生法違反が判明し、サンドイッチ全メニューをしばらくの間販売停止するという事態になったつーことであるのである。なおパン生地は2010年以降は全て国内生産としているつーことであるのである。

ああ、これだこれだ、おそらく10年ぐらい前に行ったときは、この時期に合致してるので、危機的状況で、サンドイッチはなくて、ハンバーガーだったつーことが考えられるのである。

なーるほどねー、しかし、この世の中は知ってることしかしらんつーことがよーくわかる事態であるなあ。

まあ、それで、まっくやもすがハンバーガーをいろいろバラエティ豊富にそろえてるよーに、この店はサンドイッチをいろいろお取り揃えであるので、なんだかわからんので、メニューの最初の方にあった生ハム&マスカルポーネ490円つーよーな、マスカルポーネってなんだ?つーのを頼んだら、パンの種類はなんにしますか?とかソースはおすすめのバジル何とかでよろしいですか?と聞かれて、さらに、他にはなにかよろしかったですかとか聞かれて、それじゃフローズンマンゴ120円とフローズンパイン160円をくださいと言ったら、出てきたのは凍らせたマンゴとパイナップルだったのであるが、当たり前であるのである。

いや、メニューの写真ではドリンクの隣に並んでたのでジュースかと思ったのである。

まあ、初期のすたばのように、あれこれ聞かれてめんどくさいが、値段が値段であるので、味はそれなりで、10年ぐらい前にご来店してがっかりしたときとは格段の違いで、洗練されてやる気もまんまんであるのである。

店名は、潜水艦型のサブマリンサンドイッチ(SUBMARINE SANDWICH)を客の好み(YOUR WAY)に作ることからつーことであるが、あたしゃさぶうえいだけに、アメリカの地下鉄構内を中心に出店してる店かと思ってたので、新事実が次から次へと明らかになって、人生にひとつ知識の灯りがパッと点灯したような面持ちであるのは悔しながら否めないのである。

まっくとならんであめりかでは2大チェーンつーことであるのであるが、日本でチェーンを展開するときに、まっくのでんさんのような人材がいまひとつおられなかったのかと物見の影からご推察申し上げながら、でかいサンドイッチを頬張り、10年前の危機的状況下での印象を水に流して、大変美味しゅうございましたのである。

時間は絶え間なく流れこの世の事象は千変万化を繰り返し、知らぬまま時の彼方に消え去るあれこれが悲しくも美しい光景を映しだしてあたしの脳裏の果てを彩り鮮やかに照らしだすのである。

支離滅裂かよ。

昼ご飯ランキング  B級グルメランキング

2013年8月19日月曜日

横浜中華街状元楼本店で上海料理を食う


なにしろ状元楼中華街大通り本店であるのである。

つーことは支店もあるわけであるが、どこにあるのかは知らんのである。

知らんからといって別に生活に支障はないので、知らんのである。

えーとなんだっけ、ああ、そうそう、この店は以前テレ朝のタカトシがやってる帰れま10てな番組で放送されたのである。

霊能グルメレポーターとしての商売柄あたしも番組を毎回チェックしてるので、その放送は見たのであるが内容はさっぱり覚えてないのである。

テレビてなものは真剣に見るもんでもないので、何かをしながらのことが多いので、内容についてはほとんど覚えてないのである。

まあ、それはともかく、番組で取り上がられるてなことでもわかるように、この店は中華街でもけっこうメジャーなお店であるわけであるが、あたしはまだご入店したことがなかったので、通りがかりに見つけ「おお、これが噂の状元楼か、まあ、なんの噂かはわからんが」とひとりごとを言いながらすぐ入ったのである。

まあ、昨今の中華街は食い放題が主流で、どの店も店頭に食い放題の看板があるので、店頭に食い放題の看板の無い店に入りたかったので、食い放題の看板がないこの店を見つけて即ご入店されたつーのが実際であるが、まあ、そんなこたあ、読者の皆さんには関係なのであるが、まあ、そんなことでであるのである。

それで、レシートをなくしてしまったので料理名がよくわからんのであるが、左がフカヒレのあんかけ焼きそばで右がエビとタコの野菜炒めてなお料理であるのである。

状元楼は上海料理が売り物であるのであるが、まあ、あたしら一般霊能グルメレポーターには広東料理も北京料理も上海料理も四川料理も、十把一絡げで中華料理であるので、どこが上海料理なのかはわからんつーのが実情であるが、しかし、これでは地球上で最大最強を売り物にする大霊能者としての立ち位置のバミリにも影響するので、一応お調べになるのである。

調査によると、上海料理(しゃんはいりょうり)は、中国の上海市を中心に食べられている料理であるのである。

そらそうだな、上海の料理だから上海料理であるのはあたりまえのこんこんちきであるのである。

上海料理は中華料理の江蘇料理(淮揚料理)の菜系に含まれる代表的な郷土料理の一つで、上海蟹、小籠包、生煎饅頭は日本でもよく知られた代表的料理であるのである。

ううううううううううううううううううううううううううっだめだ。

なんつー体たらくお間抜けおっちょこちょいのとんちきでありましょうか。

上海蟹も小籠包も生煎饅頭も食ってないのではないか。

特に上海蟹を食わずしてのなんの上海料理かつーことである。

つまり上海料理店に入って上海料理を食わなかったわけである。

これ、北京料理店に入って北京ダックを食わなかったのと同様にとんでもない恥知らずな行状であるではないかと心から後悔の念を沸々と滾らせてその状況を省みるとあたしの人生は出たとこ勝負が持ちネタであるので、まあ、こんなもんかなと、ねえダンナ。

ううむ、こーなったらそのうちリベンジして上海蟹を食わないと史上最大最強の食通食道楽気功家象師匠のあそこに関わるのである。

あそことはもちろんあそこであるが、これを詳細に記述すると差し障りが大きすぎるのと、このネタもさすがに使い回しが過ぎてカビが生えてきそうなので、あやふやのまま大変美味しゅうございましたのである。


昼ご飯ランキング  B級グルメランキング

2013年8月16日金曜日

横浜みなとみらい21のコスモワールドでブルーハワイとマンゴーミルク


コスモワールドの大観覧車のロケ終了後の一休みのドリンクタイムであるのである。

この日はなにしろ暑くて、熱中症にならないよーにてな注意も喚起される気温であるので、とにかくなんか飲まねばなんらんつーことで、御飲食コーナーに行ったら、大勢にちゅーごくの皆さんが世界中の品種を買う例のちょーしでわいのわいとご注文であるので、まあ、マナーの問題はさて置いて、外国からのご来賓に先をゆずって、皆さんがわいわいとお外にお出になってから、悠々と、夏はやっぱりかき氷であるので、まずブルーハワイ350円てなかき氷をご注文遊ばしたのである。

なにしろブルーハワイであるのでブルーのシロップをかけたかき氷であるので、どこまでもブルーであるのである。


続いて、さらに水分を補給せんと、となりのブースでマンゴーミルク400円をご注文遊ばしたのであるが、カウンターのおねーさんが入ったばかりのアルバイトらしく、これ、まったく容量を得なくて、失敗の連続でいつまでたっても出てくるようすもなくて、ブルーハワイが溶けてしまうんじゃなかろうかと心配すること十数分でやっとこさっとこ完成の運びとなったのである。

あたし1人でこの事態であるから、この不慣れなおねーさんのところにさっきのちゅーごくの皆さんがわいわいと押しかけたら、いったいどんなことになるのかと思うと、その光景を見れなかったことに多少の慙愧の念を覚えずにはいられないぐらい、たどたどしくて手つきが危うくて遅いのである。

いやべつに苦情を申し上げてるのではないのである。

むしろ面白ネタをご提供いただいて感謝してるぐらいであるのであるが、しかし、これだけ待たされたらふつーの客は怒るだろうことは想像に難くないのである。

おねーさんはあたしで実に幸運であったわけであるが、しかし、あたしが初めての客とゆーわけでもなかろうから、あたしの前に注文した人もこんな目にあってたのにじっとまってたのかしらんと思うと、日本人てなものは基本的に待ってるのが好きなのかもしれないのであると勝手にご推察申し上げるわけである。

ううむ、うまくつないだね。


うまくつないだところで大変美味しゅうございましたのである。

昼ご飯ランキング  B級グルメランキング

2013年8月13日火曜日

道の駅どうしでクレソンケーキとトマトジュースとコーヒー


山中湖からの帰り道に立ち寄った道の駅どうしてな道の駅のキッチンてなお食事コーナーで一休みてなことであるのである。

実はこの道の駅どうしには行く時にも立ち寄ったのであるが、このキッチンてなお食事コーナーでビーフカレーを食いたいてなことでカウンターに行って、ふと気がついたらば、あたしの知人のゲーハーおやじが妙齢のご婦人を連れて、セルフサービスの水を運んだりなんだりと甲斐甲斐しく世話を焼いてお食事をしておられたのである。

もちろん、その妙齢のご婦人はそのゲーハーおやじのぬかみそかーちゃんではなく、どう考えてもこの手前にあるどーしがわ温泉べにつばきの湯で家族でもないのに家族風呂1時間3000円に個室3時間3000円のご休憩でナニをナニしてなんとやらてな具合の模様がこれでもかと催していて、もちろん、あたしだってりっぱな大人であるから、そこはそれ武士は相身互い、困ったときの互助組合の恒例通り、見てみぬ振りで、ビーフカレーは諦めて、ささっと退場したのである。

つーことでこのゲーハーおやじのおかげで食い損なったビーフカレーを道の駅どうしだけにどうしてもリベンジしたかったのであるが、山中湖で昼飯食っちまったので、クレソンケーキでかんべんしてやったのである。

何ごとも人の世の習いとゆーものは先人を尊ぶべきであるのかもしれないのであるが、このゲーハーおやじの行動をみてると、こんな地の果てまで遠征しても壁に耳あり障子に目ありで悪事は必ずバレるとゆー神の縁台で計画された遠大なる計画がそこかしこに見えて、思わずうふふと笑みが漏れるあたしであるのである。

まあ、これはもちろんゲーハーおやじとあたしの共通の友人知人に言いふらすのが実にこれからしばらくのレジャーとなるであろう期待で心はウキウキあそこはモキモキであるのである。

ううむ、なんのブログかわっからなくなっているのであるが、ウキウキモキモキでも大変美味しゅうございましたのである。


昼ご飯ランキング  B級グルメランキング

2013年8月10日土曜日

山中湖の三楽園で三楽定食


渡辺崋山の商人訓であるのである。

商人たるものこーあらねば、商売はうまくいかねーぞつーよーな意味合いだとは思うが、まあ、一応あたしもしょーばい人の端くれであるわけであるので、これをもって規範とせねばならんのである。

しかし、内容を読んでみると、崋山先生の薫陶を何一つ守ったことはないのであるが、超零細レンタル会社である我が社はいっこうに潰れる様子もないので、まあ、てきとーにやっってもうまくいくときゃいくとゆーことかもしれないのであるのであるよあーたってしかしなんだそのううむなんんでもありませんのである暑さのせいかな。

まあ、三楽園さんの商売繁盛を鑑みるに、三楽園さんの90歳になるご主人はこの商人訓をすべからくご励行なされているのかもしれないのであるが、本人にこれを確かめるのはさすがにはばかられるので闇の中の魑魅魍魎ゾンビの昼めし死霊の盆踊りであるのである。

どうも言葉の選択が多少まちがってるかもしれないが、スルーして先に行くのである。


店内にご入店あそばしてみると、丁度、近所の大学生の団体が昼めしに来てたので、全席満員状態で、あたしはレジの前の席であるのである。

そのレジのカウンターの上に掛かってたのが、華山先生の商人くんの額であるのである。

その他は近所の別荘のご様子のいい皆さんであるのであるが、ご主人に「どちらの別荘ですか?」とあたしも聞かれて、「ああ、うう、あそこのへんのむにゃむにゃです」とお答えしたら、「この前もこられましたよね」てなことをさらに詰められたので「ああ、うう、そんなこんなでむにゃむにゃですよ」と言葉を濁して難を逃れたのである。

それで、客の多くが、店の前の立看でも一押しの山梨県名物ほうとうをご注文であるのであるが、夏にほうとうってのもなんであるので、あたしは三楽園名物三楽定食をご注文あそばしたのである。

山中湖名物ワカサギの天麩羅がたーくさんに鯉の洗いと鯉こくてなものがついてくるお得なセットであるのである。

くそー、他に書き方は無いもんかねしかしダセー文章で涙もちょちょぎれるのであるのである。

さらにドツボにはまってる感もないではないのであるが、本来はこれにニジマスの塩焼きがついてるそうであるが、本日は入荷がないので、2100円のところを1700円であるのである。

このワカサギの天麩羅の量が半端でなく多いので、ワカサギ好きにはたまらない定食であるのである。

ワカサギは公魚とも書くのであるが、香魚はアユの別名であるのである。

なるほどねー。

まあ、なんでもいいが、カルシウムを十分に摂取して大変美味しゅうございましたのである。


昼ご飯ランキング  B級グルメランキング

2013年8月8日木曜日

相模原市のまっくでソーセージエッグマフィンとプチパンケーキ


ううむ、逆光で写真がわやだが、まあいいや、つーことで、富士山ネタを一度はなんとかしたいつーことで、とにもかくにも富士山の写真を撮りに行こうつーことで、まあ、とにかく富士山写真の定番の山中湖に行ってみませうつーことで通りがかりのまっくで朝食であるのである。

朝マックであるのでマフィンのセットであるので、めんどくさいので、メニューの先頭にあった、ソーセージエッグマフィンであるのである。

だから、ハッシュポテトはおまけであるのである。

まあ、それだけでは今日一日のロケの体力の基本が作れなかろうつーことで、プチパンケーキとミルクも注文したのである。

やっぱり1日の体力は朝食いかんにかかってるといっても過言ではないのであるが、まあ、実際には腹減ってたのであれこれ食いたかっただけであるのである。

人間つーものは食いたいだけ食って寝たいだけ寝てやりたいだけやれればすべからく人生はそれば大満足であるわけであるが、これがね、そうもいかないのが浮き世の定めであるのであるはご存知の通りであるのである。

まあ、やりたいことがなんであるかは、ひじょーに差し障りがあるので自粛自制申し上げるのはゆーまでもないことであるが、食いたいことについては、これが食いたいだけ食うと、肥満、メタボ、高脂血症、はては糖尿病、心臓病、脂肪肝てなことで、命が危うい事態にもなりかねないのである。

これがまあ、楽あれば苦あり、陰陽表裏の仕組みであるわけであるが、しかしこれが、たとえばお好み焼き屋と焼肉屋に言って、周囲の客を見回してみると、この仕組を無視して食いたいだけ食って、体型とお顔のご様子を見ると、おびょーき寸前とゆー皆さんが後ろにも前にも横にもいらっしゃるので、その生命を顧みない食欲の凄まじさが微笑ましくてつい相好が崩れてしまうのである。

てなことで、朝からがっつりと食って飲んで、大変美味しゅうございましたのである。

まあ、しかし、豪華なお食事もそれなりのお食事も、大変美味しくお召し上がりになれるこのあたしに不味いと言われた日には、その店は日本一まずい店として有名になれる可能性はあるが、潰れる可能性は十二分にあるのは言うまでもないことであるのである。

昼ご飯ランキング  B級グルメランキング

2013年7月30日火曜日

川崎大師住吉の久寿餅


久寿餅と書いてくずもちと読むのである。

まあ、くず餅あるいは葛餅とも書くのであるが、住吉さんでは久寿餅であるのである。

川崎大師にお参りして、風鈴市を見て、門前蕎麦を食って、さて、その後はもちろんデザートであるのであるが、川崎大師の仲見世門前町ではとんとこ飴とならんで久寿餅であるのである。

この日はサービスデーで400円の久寿餅が半額の200円であるのであるが、べつに量が少ないてなことでもないのである。

それでまあ、久寿餅だけでは食い倒れものの象師匠としては今ひとつなんので、ショーケースに並んでいたオレンジジュース250円も注文して飲んで見たのであるが、ふつーのオレンジジュースであるのである。

当たり前であるのである。

喫茶コーナーの店内は大混雑で、外の縁台に順番待ちが出るぐらいの大人気であるのであるが、あたしは待つのがめんどくさいので、クーラー無しの外のテーブルで食したのである。

だからどーとゆーことでもないのであるが、外のテーブルに座ってると順番待ちの人と間違えられて、店員のおばさまが食券を取りに来ないので、「あのー、これこれ、お願いします、これ」とお願いしたら、「ここでいいんですか?」とおっしゃられるので、「ここでいいんです」と言ったら久寿餅とオレンジジュースが出てきたのである。

それで、暑いお外でおめしあがりなったのであるが、暑いお外でも大変美味しゅうございましたのである。

でもお暑いのである。

お熱いのはお好きでも、お暑いのはお好きではないかもしれないのである。

なんのこっちゃと言われても、尺を埋めてるだけなので、なんともかんとも言いようもないのであるが、我慢してもう少しの間、お付き合い頂きたいのである。

いやー、それにしもあつはなついでんなー。

そら、なつはあついのまちがいやろ。

こら、しまった、あたしとしたことが、あつさのせいでボケてまんねん、たははは。

ううう、いかん、涙がでてきた。

てなことを言ってるうちに、尺が埋まったのでこのへんで本日のセミナーは終了であるのである。

怒らんといてね怒らんといてね。

やりたい放題かよ。


昼ご飯ランキング  B級グルメランキング

2013年7月26日金曜日

川崎大師の蕎麦膳はやまの天麩羅せいろ


まあ、なんである、川崎大師で風鈴市をやってるてなことをテレビのニュースでやってたので、「こっこれはいかん、夏に風鈴市に行かないでいつ行くのか、今でしょ」と、すでに言うのもはばかられるぐらい恥ずかしいことになってる今でしょを今でしょして、京急川崎駅を降り立って歩くこと5分かな10分かな、とにかく川崎大師にお参りして、「さて、何を食うか?」つーことで、霊能グルメレポーターの本業に立ち返り、昼めしの店をどこにするかてなことで、例によって命がけで思考熟慮考察検討したのである。

それで、命がけの思考熟慮考察検討の結果、ここはやっぱりなんつっても門前蕎麦だろうつーことで、川崎大師の大山門前にある蕎麦膳はやまてな蕎麦屋に入ったのである。

実は子供の頃に一時期、川崎に住んでいたことがあって、そのとき食べた蕎麦の味が忘れられなくて、その後、ご成人あそばしてからも、あちこちの蕎麦を食べてみたのであるが、その味がみつからなかったのである。

藪そばなんかの江戸前の蕎麦とはちがうし、信州蕎麦ともちがうし、戸隠蕎麦ともちがうし、八割蕎麦でもなく、十割蕎麦でもなく、いったい子供のころ食べたあの蕎麦の味はなんだったのかと不思議であったのであるが、これ、この味だったのである。

蕎麦の細さといい、蕎麦つゆの甘みといい、この味を数十年ぶりに味わって、「あああああ、なんとこの味だったのかあああああああっ」と、大感動したのである。

つまり言ってみれば、川崎蕎麦かね。

そんなものがあるのかどーだかわからんが、たしかにこの麺の細さと茹で具合と蕎麦つゆの甘みが、あたしの蕎麦の味の原点であったことは間違いないのである。

しかし、川崎にお住まいでなくなってからは、この蕎麦と蕎麦つゆの味には出会うことはなかったのである。

まあ、なんつーのか、各地の観光地の食いもんてなものは、なにしろ物見遊山通りがかりの客が相手だけに、手抜きのいい加減なものが多いのが通常であるが、この店の蕎麦は気合が入ってるのである。

麺もつゆも実にみごとなできで、天麩羅も揚げたてで、涙が出るほどのお味であるのである。

まあ、いつもゆーことであるが、これはあたしには美味いのであって、この細い麺の蕎麦や甘みのあるつゆをお好みでない向きもあるのは当然であるのはゆーまでもないことであるのである。

まあ、今回は、蕎麦を食うと言うよりは思い出を食うという、柄にもなくそこはかとないセンティメントを漂わせた昼めしであったわけであるが、それを抜きにしても大変美味しゅうございましたのである。


昼ご飯ランキング  B級グルメランキング

2013年7月17日水曜日

お好み焼ホンポでミックス玉ランチとオレンジジュース


ここんとこおやつネタ続きであったのであるが、久々に昼めしネタである。

年に何回かお好み焼きを食いたくなるのはなんでかね。

特に今は夏真っ盛りであるので、暑い夏に熱い鉄板の前で焼いて食うお好み焼きは最悪だと思うのであるが、これがね、なんだかとにかく食いたくなったのである。

なんつーのか、ソースとマヨネーズがいいのかなんなのか、つまり、夏で汗をかくので塩分が足りなくなるから、体のほうではそこで一発お好み焼きで塩分補給だつーことかね、いやわからんが。

とにもかくにも仕事で通りがかりのお好み焼ホンポてなお店にはいろーと思ったら、作業服のおじさんもいっしょにお入りなったのであるが、やっぱりこのおじさんもお仕事で汗をかいて塩分が足りなくって塩分補給かもしれないのである。

「暑い夏に汗をかいたらお好み焼き}てなキャッチコピーになるとも思えないのであるが、昼めしであるので、やっぱりここはひとつランチメニューから、お好み焼きの定番ミックス玉(税込892円であるのである。

「他にはよろしいですか?」とのジーパンのおねーさんのお申し出であるので「ドリンクもください」つーたら「ドリンクはなんにしますか?」つーご返事であるので、「オレンジジュース」と申し上げたのであるが、ここに至って、この店はドリンクバーではなくて、一杯だけであるつーことが判明して、心から落胆の色を隠せない表情はいかんともしがたく、おねーさんにご不快な思いをさせたことを申し訳なく思ったのであるが、お詫びは申し上げなかったのであるが、ランチのドリンクは100円であるのである。

180円でいいから、ぜひドリンクバーにしていただきたいが、おそらくあたしがこの次にお好み焼きを食いたくなるのは半年先かもしれねないので、それもおねーさんには申し上げなかったのである。

まあ、基本的に他人様の店の得になるよーなことは一言なりとも申し上げないのが象師匠の象師匠たる矜持であるのである。

アンケート用紙にもぜったいに触れないのである。

あたしを好意厚情親切な人間と思ったらとんでもない間違いであるのである。

他人のためになることはこれっぽっちもしたくないというのがあたしの人生の理念ポリシー中心テーマであるのである。

これっぽっちがどれっぽっちかは不明であるが、犬のポチではないのは確かであるのである。

いや、べつにてきとーなことを書いて尺を埋めようてな、さもしい根性ではさらさらないので、誤解していただきくないのであるが、とにかくお好み焼きをジュージュー焼いて、そのあと、ランチはカレーライスが食いほーだいであるとメニューに書いてあるので、死ぬほと食ってやろうと思ったのであるが、このカレーがね、ううむであるので、カレーコーナーに備え付けの小さな器に一杯だけしかお食べにならなかったのであるのである。

まあ、味の好みは千差万別であるので、このカレーをお作りになった人も含めてこのカレーがううむでない人もたーくさんおられるとは思うがあたし的にはううむであるのある。

もちろん、前述の通り、他人の店の売上向上に協力することなんかまっぴらごめんつーことを人生のモットーとする生き様を貫くことが信条であるので、おねーさんには「いくらおまけのカレーでもあたし的にはこれはううむだ」とは申し上げなかったのはゆーまでもないことであるのである。

てなことであたし的にはカレーがううむでも大変美味しゅうございましたのである。

何言ってんだかよくわからんのである。

まあ、あたしも大人であるので、そこはそれ、あいまいに取り繕うわけである。

昼ご飯ランキング  B級グルメランキング

2013年7月13日土曜日

ほぶそんずでトリプルとレモンソーダ


まあ、なんだ、東京も7月初旬には異例の連日の35度の猛暑で、ここはひとつアイスクリームでも食ってみましょうかつーことで、通りがかりの某ほぶそんずのアイスケースの前で陣取るおねーさんに「アイスクリームください」と言ったら、「ダブルやトリプルもありますが」つーので、やっぱり、ここは大食い者を自称する象師匠としては一歩も引けない所であるので、もちろん「トリプル」と宣言したら、当たり前であるが「選んでください」との女王様のご指示であるので、「これとこれとこれ」とてきとーに指さしたら「ブルーベリーとカスタードプリンとストロベリーですね」とおもいっきりの面白くない組み合わせになったのであるが、ボリュームはさすがに十分で、「ううむ、やっぱり夏はこーでなくちゃあいかん、健康なんか考えてたら人生はまったく面白く無いことになる、食いたいだけ食ってあとは野となれ山となれだ」つーよーな、でたらめな理屈屁理屈をこね回して、ううう、このへんで区切らないと長すぎて読者がついてきまへんがね。

まあ、冷房の聞いた店内で、アイスクリーム3個とメロンソーダを飲んだので、身体はすっきり冷え込んで、乳脂肪もごってりため込んで、今日の元気は明日のメタボてなことは頭の奥の隅の端に押し込んだのであるが、なんだ、いくらなんでもこれでは撮れ高がぜんぜん足らんぞ。

象さんのご飯もグルメレポートの端くれの切れっ端であるから、やっぱり食に関する話題をあれこれ書かなくてはならんわけであるが、ナニとメシはやっちまうと、いや失礼、終わっちまうとすっかりその気はどこへやらで、さっぱり興味もなにも宇宙の彼方へ飛び去って、なーんにも出てこないのである。

そーはいっても、欲とゆーものはこーでなくちゃあいけませんやね。

ものごとは「足るを知る」とゆーことが肝要であるのである。

足るを知らんと、ちゅーどく依存症になるのである。

食は快楽の基本であるので、もちろん依存症になる危険性は十分たっぷりどっぷりであるので、満腹中枢の興奮が人生を壊さない範囲内でコントロールしないといけないのである。

あたしの場合は、大食い街道まっしぐらというコンセプトで食いたいだけ食うという人生設計であるので、そうとうあぶない崖っぷちをよれよれと千鳥足で歩いてる状態であるが、まあ、まだ理性が勝っているので、崖から落ちないわけである。

昨今の研究では、通常の摂取カロリーの7割の摂取がご長寿遺伝子活性化の極意であるとの見解が主流であるが、あたしゃご長寿遺伝子不活性の先頭騎手を自認する不摂生生活をこれでもかと実践して、この世の極楽天国を味わうことを旨として鳥の胸肉をうううだじゃれにもなっとらん。

つーことで、わあわあゆーとりますが、だじゃれにもなっとらんでも大変美味しゅうございましたのである。

昼ご飯ランキング  B級グルメランキング

2013年7月9日火曜日

みすどでぷるるんポン・デ・リングとメロンソーダとアイスミルク


どうも、おやつシリーズが続くな。

なにしろぷるるんであるのであるが、ゼリー状のぶるるんがポン・デ・リングに乗っかってるのである。

腹がへるとどーしても甘いもんが食いたくなるのは人情つーのか、お仕事で下がった血糖値をなんとかしようてな身体の作用であるので、いかんともしがたいわけである。

まあ、べつにあたしは糖尿病ではないので、血糖値が下がったからといって、いきなり倒れたりするわけではないのであるが、やっぱり、ホレ、やる気が無くなるわけである。

そこに甘いもんを補充するとあーら不思議、元気百倍、ぐぐっとあそこもここも張り切って、アメも嵐もどんと来いとなるわけである。

このように、甘いもんは人生に欠くべからざるもんであるのであるが、これ、肥満デブカバ成人病の原因でもあるのである。

ぐぐっと元気になってもふぇふぇふぇっっとお入院てなことにもなりかねないわけである。

そこで、これをなんとか最小限に抑えて、ぐぐっと元気になりたいわけである。

つーことで、今回はドーナツを1個で我慢したのであるが、ドリンクを2杯注文してしまったのである。

何を飲もうかと思って、目についたメロンソーダを注文しようと思ったのであるが、アイスミルクも飲みたくなって、どっちにしようか迷ったので、もちろん迷ったときは象師匠お得意の2枚抜きであるのである。

みすどはおねーちゃんや子供ばかりかと思うと間違いであるのである。

あたしみたいなお仕事中にグリコーゲンを大量に消費して、甘いもんを食いたくなったおっさんもちらほらご来店遊ばすのである。

人間、どなたも身体の機能はそんなに変わるわけでもないので、疲れた時にはおっさんだって甘いドーナツを食いたいわけである。

まあ、べつにドーナツでなくてもいいのであるが、おやつも一期一会の出会いであるので、そこにみすどがあるからドーナツであるのである。

もし、そこにさーてぃわんがあればパパココナッツでもいいわけである。

あるいは、そこにこーじーこーなーがあればいちごショートでもいいわけである。

ううう、しかし、なんだ、どーでもいいことをこれでもかと書いてしまって、この先いったいどこで折り合いをつければいいっつーのかね、キミ。

折り合いも貼り合いも蹴り合いもないのであるが、まあ、なんだ、とにもかくにも日本の未来とあたしのあそこのアレを考えて今日も明日も明後日もいろいろとあれこれ食うわけである。

昨今、再びの大食いブームであるが、これ、考えてみると、毎日大食い選手権に出るためにこれでもかと無駄にバカ食いしてる皆さんが居ると思うと、世界中の飢餓に苦しむ子どもたちに顔向けできないよーな後ろめたさを感じないでもないなんて考えてはいけないのである。

それを言い始めたら、あたしみたいななんの役にも立たない霊能者てな穀潰しは、生きてる理由もなくなるわけであるから、まあ、その国に生まれてその国の経済能力の範囲内で、いろいろとくだらんことをして生涯をまっとうするのが、いるんだかいないんだかわからんそれぞれの思い込みの彼方にお住まいの大いなる方へのお勤めであるのである。

てなことで、ありきたりのネタに終始しても、ぷるるんで大変美味しゅうございましたのである


昼ご飯ランキング  B級グルメランキング

2013年7月4日木曜日

Dだっくでマンゴケーキ2個とりんごジュース


仕事中は腹がへるので、おやつを食いたくなるわけである。

それで、近所のDだっくにケーキを食いに行ったのであるが、マンゴケーキが2種類あって、どっちにしようか迷ったので、もちろん迷ったときは両方食うのが象師匠のいかんともしがたい流儀であるのである。

レシートにはヴィーナスマンゴーS480円とヴィーナスマンゴーT480円と書いてあるのである。

Sはショートケーキであると思うが、Tはなんのこっちゃか忘れてしまったのである。

ああ、思い出した、タルトだ。

タルトはラテン語発祥で、ドイツ語発祥ではトルテであるつーことであるが、まあ、昨今は一般的にタルトであるつーことであるが、まあ、どーでもいいのである。

ううむ、いかん、どー考えてもケーキだけで700kcalぐらいあるなこれ。

昼めしとかわらんカロリーだから、1日4食になっちまうじゃありませんか。

まあ、なんつーのか、今さら何をいってんのか自分でも意味がわからんのであるが、ときどき「これはいかん」と気がつくのである。

しかし、「こんなことで負けてはいかん」つー、大食い者としての意地もあるので、そこはそれ、日本の明日を見据えて、「これはいかん」をぐぐっと押しつぶして日々のおやつを続行するわけである。

キーボードをたたいててあまりの情けなさに涙も溢れてくるのであるが、今日はまあ、反省はあっちに置いといて、てきとーにどんどん行くのである。

どんどん行くといってもケーキをネタに何を書くのか考えてみてもなーんにも出てこないので、このへんでおしまいにしたいところであるが、撮れ高がいまひとつであるので、おつむを振り絞ってフリフリしてみるわけである。

うあああああ、だめだ、興味のないことを無理やり広げようとしてるから、どんどんドツボにハマってるぞこら。

てなことで、撮れ高が今ひとつでも大変美味しゅうございました。

昼ご飯ランキング  B級グルメランキング

2013年7月1日月曜日

Fきっちんでお得セットチキンレタスサンドと野菜のミートソースバーガー


実は昨日、アメリカの某刑事ドラマを見てたら、その中で刑事がうまそーにハンバーガーを食ってて、それ見て矢も盾もたまらず近所の某ショッピングセンターのフードコートのFきっちんに行ったのであるが、どうも日本人丸出しの日常生活のあたしは、ハンバーガーで人生一度のその日の昼めしを済ますのはなんとなく納得がいかない部分もないではないので、この日は昼めしとしてハンバーガーを食する覚悟であるので、まあ、多少なりともその不納得の感情を緩和すべく趣向を替えてみたわけであるのである。

それでまあ、おねーさんのいるカウンターに行ってみたわけであるが、なにしろこの店にはめったに来ないため、どれがうまいのか皆目見当もつかないので、お得セットてな、まあ、その日の日替わりメニューのハンバーグのセットを注文したのである。

お得セットには、なにしろお得であるので、クリスピーチキンサンドの他に、フレンチフライポテトとコーヒーがついてるのであるが、しかし、ハンバーガー1個で昼めしでは、どう考えても大食い自慢食通食道楽の象師匠としては食い足りないこと甚だしかろうつーことで、肥満大国の雄べーこく人に負けてたまるかつー事で、看板メニューになってる野菜ミートソースバーガーもご注文遊ばしたのである。

それで、いざ試食とあいなってみたらば、これがどっちのハンバーガーもマヨネーズたっぷりごってりであるのである。

これ、まあ、大方の日本人がマヨラーであるので、その向きにはたまらんお味であると思うのであるが、あたしゃマヨラーのマの字もないマヌケであるのである。

基本的にあたしの日常生活にマヨネーズはご登場遊ばさないのである。

どうもFきっちんの売り物はこのマヨネーズたっぷりごってりであるとは思うのであるが、ううう、なんつったらいいんだ、きっとたいてーの人にはこれ、もんのすごく美味いんだろーなー、とあれこれあたしの人生の機微を織り交ぜて、全部たいらげたのはゆーまでもないことであるのである。

まあ、どっちにしてもじゃんくであるので、歯ごたえがないせーか、ハンバーガーを2個食っても、昼めしとしてはなんとなく物足りないので、そのあと、そのフードコートに並んでるラーメン屋の冷やし中華を食ったのであるが、食うのに夢中で写真を撮り忘れたのである。

まあ、マヨネーズたっぷりでもそれはそれで大変美味しゅうございましたのである。

あーだこーだ言いながら、結局、なんでも美味いのね。

つーことである。

昼ご飯ランキング  B級グルメランキング

2013年6月22日土曜日

おやつにいちごミルクとリンゴ桃ケーキとチーズタルト


昨日、仕事の途中で小腹がすいたのでおやつにしようつーことで、某もすこてな某ファーストフードチェーン系列のコーヒーショップでいちごミルク350円とリンゴ桃ケーキ350円とチーズタルト380円を飲んで食ったのである。

なんでいちごがひらがなでリンゴがカタカナかつーと、レシートにそう書いてあるからであるのであるが、ううむ、どーでもいいのである。

最初はチーズタルトを食おうと思ったのであるが、ショーケースに並んでるリンゴ桃のケーキがやたらとうまそーだったので、どちらにしようかと迷ったので、迷ったときは両方食うのが象師匠としてのプライドであるので、両方注文したのである。

こんなことをやってたら、しまいにはとーにょーになるのは誰が考えても想像に難くないのであるが、そこはそれ、やむにやまれぬ大食い者のサガで、命を削って食いもんブログに人生をかける所存であるのであるつーよーな高邁な精神であるかつーと、そうでもなくて、まあ、食いたいから食うわけである。

さらに、コーヒーメニューが主力のコーヒーショップで、あえて、いちごミルクであるのである。

いちごが砕かれてというのか、小さく切られてお入りなっているのである。

それを太いストローでミルクといっしょに吸い込むというコンセプトかもしれないのであるが、小さいといってもストローで吸い込むには大きすぎてむりであるので、柄の長いスプーンでいちごをすくって食いながら、ミルクを飲むわけである。

まあ、ミルクを飲みながらいちごをすくって食ってもいいのであるが、どっちにしてもいちごのかけらが氷の間に入ってすくいにくくて、めんどくさいのである。

いちごをミキサーにかけるか、いちごを丸のままいれてもらったほうがいいのであるが、そんなことをわざわざアドバイスする気は毛頭ないのであるし、もちろん大きなお世話であるのである。

とーにょーになりそーでも大変美味しゅうございましたのである。

てなことで、ひとつ。

昼ご飯ランキング  B級グルメランキング

2013年6月18日火曜日

四六時中で豚肉しょうが焼きランチ


まあ、なんである、昨日のお昼食であるのである。

日替わりランチなので、これでなんと690円であるのである。

ランチはこの他に定番のフライものと、炭水化物に炭水化物の小丼に蕎麦てなのがあったのであるが、まあ、これが妥当かねてなことであるのである。

この店には以前にも一度、昼めしを食いにご来店遊ばしたことがあるのであるが、洋食、和食、中華となんでもありで、お仕事途中の昼めしで悩んだときは四六時中であるのである。

ううむ、できそこないのキャッチコピーみたいな文章になってしまったのであるが、まあ、なんだな、株価大暴落でアベノミクスが昨今はアホノミクスなんて揶揄されるようになっても、あいかわらず市井のデフレは健在で、690円で豪華なランチがお召し上がりになれるのである。

あたしみたいな超零細霊能経営者には実にありがたい成り行きであるのである。

それでも、日々のお食事の基本が外食であるので、うっかりしてるとエンゲル係数がどどんと跳ね上がるので、油断大敵怪我一生を座右の銘として、ランチ時にはランチメニューをお召し上がりになることを心がけている次第であるのであるが、なにしろ食うことに異常な執着心をお持ちの象師匠であるから、生涯でその日の昼食はその時一度限り一期一会と考えると、そーでもないことの方が優勢で、気がつくと支出の半分以上を食費が占めてるなんてえことになりかねないのである。

ううむ、夢も希望もない下世話な内容であるが、まあ、天下の大霊能者象師匠といえども、雲霞を食ってるわけではないので、食えば対価を払わねばならないのである。

人生は何ごとも対価が発生するので、そのために朝から晩までせこせこと労働にいそしむわけであるが、もちろん念力で対価を消滅させるなんてえことはできるわけもないので、テレビで霊視だの透視だの何だのと大法螺吹いて鑑定と称して金稼いでるインチキ霊能芸人の皆さんと違って、あたしのような掛け値なしの本物の大霊能者の霊能力なんてもんは人生設計にはなんの役にも立たないのである。

つーことで、役に立たない大霊能力の持ち主でも大変美味しゅうございましたのである。

腹へったからメシ食いに行こう。

昼ご飯ランキング  B級グルメランキング

2013年6月11日火曜日

秩父バイエルの夕食と朝食



秩父霊能大旅行でお泊りしたバイエルてなホテルであるのである。

バイエルは基本的に結婚式場であるのでお食事がなかなか気合が入ってるのである。

まあ、写真ではうまく表現できないのであるが、食器も気合が入ってるのである。

お夕食はお洋食とお和食が選べるのであるが、あたしはお和食をお選びになったのである。



気合の入ったお料理がこれでもかと食い切れないぐらい出てくるのである。

食い切れないぐらい出てきても、もちろん大食いネット芸人のプライドにかけて食い切れるのは無論のことであるのである。



お部屋の前のテラスであるのである。

だからなんだといわれても、写真を撮ったので一応UPしておくのである。



つーことで朝のお食事であるのである。

朝も気合の入ったお料理であるのである。

まあ、結婚式の披露宴でへっぽこな料理は出せないので、必然的にお泊りの料理も気合が入ってるわけであるのかもしれないのであるが、実にけっこうなことで大変美味しゅうございましたのであるのである。

大変美味しゅうございましたが出たので、本日の収録は終了であるのである。



昼ご飯ランキング  B級グルメランキング

2013年6月1日土曜日

バンコクのBumrangrad Hospital (バムルンラード病院)のレバノン料理


Bumrungrad International Hospital(バムルンラードインターナショナル病院)の食堂にレバノン料理があるつーので、早速、知人に案内してもらって食いに行ったのである。

バムルンラード病院は、最新式の 診断器具、治療法、および集中治療の設備のすべてを一ヶ所にまとめた医療センターであるが、外来患者数は、年間約100万で、そのうち、約40万人は外国からの受け入れとなっているのである。

知人によるとこの病院はセレブ御用達つーことで、お金持ちが集まる病院であるつーことで、ホテルのようなファサードで、ロビーもソファーがたくさんあってホテルのロビーのようであるのである。

ロビーには世界各国の通訳のブースがあって、英語がご堪能でない皆さんのご相談に乗っていただけるのであるつーよーな、世界からのお金持ちのおびょーきの人が治療にこられるすんごい病院であるのである。

まあ、これ、とにかく、どでかいホテルかデパートみたいな病院で、敷地の内外にレストラン、フードコート、コーヒーショップてなものがいくつもあって、あたしが行ったのでは医療のビルとはべつのビルのフードコートで、ベトナムや中華や日本食てなもんが並んでいて、その真中あたりにレバノン料理のカウンターがあるのである。

なんで、レバノン料理なのかわからんが、まあ、この病院にはアラブ系のお金持ちの皆さんも多数うろうろしておられるので、そのことに関係してるのかもしれないのであるが、どーだかわからんのはいつものことであるのである。

知人の話では日本人はジャパニーズであるので、レバノン人はレバニーズであるつーことであるのであるが、べつにレバニラ炒めとは関係ないのはゆーまでもないことであるのである。

ううう、だめだ、タイのわけのわからない虫が頭に湧いてる。

まあ、とにもかくにもレバノン料理のカウンターに行って、レバノン人のおじさんに見本の中から選んで、お料理を注文したのである。

上の方にあるビニールに入った白くて丸いものはPitaであるのである。

まあ、いわゆるビタパンであるのであるが、これ、薄くて硬いパンと思えばいいのであるが、薄くて硬いので、薄くて硬い食感であるのである。

左のメンチカツみたいな揚げ物はガリガリした硬いメンチカツみたいであるのである。

右下はパセリのサラダである。

てなことで、これで、240バーツであるので、だいたい現在792円ぐらいかね。

てなことで、薄くて硬くてもガリガリして硬くてもたいへん美味しゅうございましたのである。

昼ご飯ランキング  B級グルメランキング

2013年5月28日火曜日

The Cofee Been & Tea Leafでチャイとオレンジジュース


バンコクのLangsuan通りを歩いてたら、この日はバンコクでも今年一番に暑い日だそーで、気温が39度ぐらいあるので、路上は40数度だろうから、体力自慢の象師匠もさすがに喉が乾いて、これは水分を補給しないと熱中症の危険もあるかもしれないなんてことが脳裏の端っこの隅のあたりをよぎった気がしたので、おお、これは神のお告げだつーことで、通りがかりのこの店に入ったのである。


タイのタイミルクティーがこれ絶妙な味で、あたしゃ、タイの喫茶店に入ったらばとにかくこれが飲みたいので、カウンターでおねーさんに「タイミルクティー」つったらば、「チャイ」と言われて、チャイになってしまったのである。

この店ではタイミルクティーがないらしいのである。

タイではメニューになくても、タイミルクティーとゆーとタイミルクティーが出てくる場合があるのであるが、この店はタイミルクティーとゆーとチャイが出てくるのである。

でもチャイはタイミルクティーではなくてチャイであるのである。

それで、チャイだけではカフェインの利尿作用で飲んだ分より水分が出てしまうのでオレンジジュースも注文したのである。

このオレンジジュースが意外や意外のうまさであるのであるが、他の店で飲んだ時も同じ味であったので、タイではこのオレンジジュースが定番なのかもしれないのである。

うまいものはどこで出会うかわからんので、まあ、旅のお楽しみであるのかもしれないのであるが、オレンジジュースでこれだけお楽しみになれるのはあたしぐらいかもしれないのである。

まあ、20年ぐらい前にタイに来たときは、コーヒーショップなんてものはなくて、屋台やフードコートでご歓談なされるのがタイ風かと思ってたのであるが、今回のご良好でタイの皆さんの日常がどんどん変化して、まっくやすたばやおーぼんぱんまでできて、スキニージーンズのおねーさんやおにーさんがパソコンやスマホをいじってたりするのである。

バンコク市内にはゆにくろやせぶんやだいそーまであるので、まあ、なんつーのか、治安の悪さ意外は日本とそんなに変わらん生活ができるのである。

微笑みの国てなことで、一見のんびりしていて、治安がいいように思うのであるが、さつじん、ごーとー、ごーかんてなもんの発生率は日本のおおぬね10倍であるので、タイにご旅行遊ばすときは、路地をうろうろするとあぶない地域に入ってあぶないことに巻き込まれたりするので、とくに女性はひとりでタクシーに乗ったり、夜中に一人でうろうろしてはいけませんつーご注意を喚起して、オレンジジュースが大変美味しゅうございましたのである。


昼ご飯ランキング  B級グルメランキング

2013年5月26日日曜日

バンコクのUrbana Langsuanの朝食ビュッフェ


ううむ、今しがた、うっかりスマホを落としてしまったので、ケースが壊れて、あまぞんで注文したら、どこもの店頭で1280円だったやつが送料込み450円で、人世は油断もスキもあったもんじゃないのである。

まあ、なんだ、とにかく一日の始まりは朝食であるのである。

外国にご旅行遊ばしても、とにかく食わないと一日が始まらないわけである。

人間は食ってなんぼであるのである。

つーことで、第二回タイ王国大旅行も基本は朝の朝食であるので、朝7時に張り切ってレストランに来たらば、だーれもいないのである。

馬鹿丸出しで朝食ビュッフェ一番乗りであるのであるが、ウエイターのおにーさんたちに注視されて食うのはまずかろうから、窓際の端の方の席にご着席遊ばして、いざバイキングの開戦であるのである

安直に見えるが、この店は夜はバンコクでも有名なクラブで、テレビキャスターや芸能関係者も集まる、いわゆるトレンドの先を行く店であるわけであるので、ウエイターのおにーさんたちは朝も上から下まで黒ずくめでシュッとしていて、最初はなにやらメシをかっくらうのが申し訳ないよーな雰囲気であったのであるが、すぐ慣れておもいっきりかっくらうことができるよーになったのである。


まあ、そんなに張り切るもんでもないのであるが、とにもかくにもビュッフェであるから、つまり食い放題であるので、食い過ぎてしまうのが常であるので、心を引き締めて、栄養バランスを考えて盛り付けをしないといけないのである。

まあ、メシを食うのに心を引き締めるのもなんであるが、とにかく朝飯をこれでもかと食うと物理的に胃腸が満杯なって、昼食と夕食が入らなくなるのである。

一日の食事量の分配割合から考えて、朝30、昼30、夜40てな感じが妥当と思われるわけであるが、ビュッフェ食い放題てなことになると、朝60、昼30、夜10てなことになりかねないので要注意であるのである。

こんなことを真剣に考えてビュッフェに臨むぱーはあたしだけであると思うのであるが、なんだかんだで、これだけではなんとなく寂しくてさらにお料理を取りにいったのである。


さらに、目玉焼き係のおにーさんに目玉焼きを焼いてもらって、さらに、チャーハンとパスタを食って、さらにパンにジャムを塗って食って、さらにヨーグルトを食って、さらに牛乳を飲んで、さらにマンゴー、スイカ、パイナップル等のフルーツを食って、当然、締めでおコーヒーをお召し上がりになったのであるが、食うのに忙しくて、写真は撮り忘れたのである。

食い放題で食欲をコントロールするのは、はなから無理な話であるのであるが、なんにしてもむちゃくちゃに美味しゅうございましたのである。


昼ご飯ランキング  B級グルメランキング